「しんぞ」とは?

言葉 詳細
新造

概要 (Wikipediaから引用)

新造(しんぞう) 女郎の一種 - 振袖新造、留袖新造、太鼓新造、番頭新造があるが、普通は振袖新造を指す。若すぎる、まだ水揚げの済まない見習い女郎のこと。16~17歳で客をとるが、新造はその前の段階を指す。姉さん女郎の付き人として、身の回りの世話をする。姉さん女郎のところに複数の客が登楼している場合に、待たせる方の客の話相手をするのも仕事。美人で器量がいいと、引込新造になる事ができる。 既婚女性の意味 - 江戸期における武家の若い既婚女性のこと。新造船に乗って嫁入りすることから、この名がある。明治期には、良家の若い女性全般を表した。「御新造さん」 最新制作された新造の船舶、航空機、車両は総称して新造機と表現される。