「じぁん」とは?

言葉 詳細
ジァン

概要 (Wikipediaから引用)

『渋谷ジァン・ジァン』より : 小劇場 渋谷ジァン・ジァン(しょうげきじょうしぶやじぁんじぁん)は、東京・渋谷の山手教会地下に1969年7月から2000年4月まで存在した、収容観客数200人未満の典型的な前衛小劇場である。 内部は大変狭く、舞台の左右に観客席があるという変則的なスタイルが特徴で、文字通り「アンダーグラウンド」に、前衛舞台芸術の発信地として機能してきた。 オーナーの高嶋進は1932年新潟県生まれ、青山学院大文学部出身。まだ街灯もなかった公園通りに1969年渋谷ジァンジァンをオープン後、1977年に名古屋ジァンジァン、1980年沖縄ジァンジァン、1983年座間味ジァンジァンを開店。 渋谷ジァンジァンでは、中村伸郎の一人芝居『授業』(イヨネスコの不条理劇で11年間上演された)、シェイクスピア・シアター(出口典雄主催、演出。1970年代当時は画期的だったジーンズなど現代服姿の若手俳優によるシェイクスピア連続上演)、淡谷のり子や美輪明宏、高橋竹山などのライブ、永六輔のトークなど、断続的公演ながら長期にわたっての人気を得たプログラムが多数あった。