「じあすたーぜ」とは?

言葉 詳細
ジアスターゼ

概要 (Wikipediaから引用)

ジアスターゼ (diastase)ジアスターゼ(:en:diastase diastase)はギリシア語「διαστασις」で、英語ではseparation、日本語の「切り離す」を意味する。 は別名をアミラーゼとも言う消化酵素のひとつで、デンプンやグリコーゲンを分解する。体内では主に、膵臓、耳下腺(唾液腺)から分泌され、またダイコンやカブ、ヤマノイモ ヤマイモにも多く含まれている。胃腸薬、消化剤として市販もされ、胃もたれや胸焼けの治療、防止に服用されている。1883年にフランスの生化学者、アンセルム・ペイアン (Anselme Payen) とジャン・ペルソー (Jean F. Persoz) が大麦の芽から取り出したが、これが酵素の初めての単離であり、ジアスターゼと名づけられた。日本の高峰譲吉は、麹 麹菌からジアスターゼを抽出し、自身の名の「タカ」を冠してタカジアスターゼと命名して1894年に特許を申請した高峰譲吉の消化酵素ジアスターゼ(アミラーゼ)の抽出成功は古くから餅を食べるとき大根おろしをつけて食べると胃がもたれないと言う事が大きなヒントとなったとも伝えられる。。