「じい」とは?

言葉 詳細
次位

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

辞意

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

示威

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

じい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

侍医

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

事彙

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『おじいさん』より : おじいさん(お爺さん/お祖父さん)とは、日本語において直系二親等の尊属にあたる男性(祖父)、もしくは高齢の男性を指す一般語として使用される。対義語はおばあさん、または孫息子。 表記 ひらがなで表記される場合が多いが、漢字での表記は「お爺さん」。親族男性のおじいさんは(当て字ではあるが)「お祖父さん」と書き分ける場合もある。 意地悪で素行の悪いおじいさんに対しては「ジジイ」と蔑称されることもある。蔑称は、中年の男性に使われる場合や、20代前半以降の男性に対して使う場合もある。また幼児語として「じいじ」などがある。 ウクライナ語でもジジ(Жіжі)はおじいさんの親称である(ラテン系言語だと女性名になる。詳しくはジジを参照)。 意味 親族 おじいさんという語の指す意味は、日本語の親族観念では以下のように分類できる。 父の父 母の父 夫の父の父 夫の母の父 妻の父の父 妻の母の父1人について、必ず1.の父の父に当たる祖父と、2.の母の父に当たる祖父が存在する。

辞彙

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

字彙

概要 (Wikipediaから引用)

『字彙』(じい)は、中国の漢字字典。明の万暦43年(1615年)、梅膺祚(ばいようそ)によって編纂された。本文は子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の12巻に分かれ、首巻と巻末を合わせて14巻に33179字を収めている。 現在の画数順に214部首を並べる形は、『字彙』によって初めて行われた。『字彙』は部首の配列順及びその部首に属する漢字の配列順をすべて画数順とした画期的な字書である。本書の出現によって字書による漢字の検索は以前に比べて極めて容易になった。この方式はその後、『正字通』『康熙字典』に受け継がれ、現在の日本の漢和辞典の大半はこの方式を元にして漢字を配列している。 『字彙』は明代には流行した字典であったが、より優れた『康熙字典』が出現するとあまり使われなくなった。 成立 梅膺祚は宣城(今の安徽省)の人で、字を誕生といったが、詳しい経歴はわからない。『字彙』にはいとこの梅鼎祚による序文がつけられており、序に万暦乙卯(1615年)の年が記されているため、それ以前に成立したことがわかる。