「じょうとう」とは?

言葉 詳細
常套

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

常とう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

上等

概要 (Wikipediaから引用)

『上等。』(じょうとう)は三浦勇雄による日本のライトノベルシリーズ。イラストは屡那が担当。第1作「クリスマス上等。」はメディアファクトリー主催の第1回MF文庫Jライトノベル新人賞審査員特別賞受賞作品。以後、同社・MF文庫Jより全8巻が刊行された。五十嵐鉄平は、クリスマスの時に異世界から来たという槍ヶ岳と名乗る全身真っ赤な女性に「薄幸少女を救うサンタクロース役に選ばれた」と言われる。渋々承諾した鉄平の救うべき相手とは、クラスメイトの美少女・古都ゆかりだった…。: 主人公。羽原羽高校3年生(初登場時は2年生)。毎回槍ヶ岳が起こす「企画」に巻き込まれている。常に槍ヶ岳の行動に突っ込み、泣き言を言いながらもゆかりと自分の身に降りかかる事件を片付けていく。非常にキレやすい。

上道

概要 (Wikipediaから引用)

社色=#6c7841 文字色= 駅名=上道駅 韓国語=상도 よみがな=サンド ローマ字=Sangdo 副駅名= 所属事業者=ソウル特別市都市鉄道公社 駅間A=0.9 駅間B=1.2 キロ程=33.9 起点駅=長岩駅 長岩 所在地=ソウル特別市銅雀区上道1洞 702-1 駅構造=地下駅 ホーム=相対式 2面2線 開業年月日=2000年8月1日 廃止年月日= 乗車人員=

上東

概要 (Wikipediaから引用)

『藤原彰子』より : 藤原 彰子(ふじわら の しょうし/あきこ、永延2年(988年) - 承保元年10月3日(1074年10月25日)は、第66代一条天皇の皇后(号は中宮)。第68代後一条天皇・第69代後朱雀天皇の生母(国母)、女院。院号を上東門院(じょうとうもんいん)といい、のちには大女院(おおにょいん)とも呼ばれた。 女房に『源氏物語』作者の紫式部、王朝有数の歌人として知られた和泉式部、歌人で『栄花物語』正編の作者と伝えられる赤染衛門、続編の作者と伝えられる出羽弁、そして「古の奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬる哉」の一句が有名な歌人の伊勢大輔などを従え、華麗な文芸サロンを形成していた。 系譜 藤原道長の長女。母は左大臣源雅信の女・倫子(964-1053)。同母弟妹に関白太政大臣頼通(992-1074)・同教通(996-1075)と、三条天皇中宮妍子(994-1027)・後一条天皇中宮威子(999-1036)・後朱雀天皇妃嬉子(1007-1025)が、また異母弟には右大臣頼宗・権大納言能信・同長家らがいる。

城東

概要 (Wikipediaから引用)

城東(じょうとう) 原義城における城の東側。 城下町における城の東側の地区。 城下町における、城下町内東部一帯。 城下町における城下町東方外部の地区。 城市における、城内東部。 山城国の東部。地名・その他城東区 - 大阪市にある行政区。 城東区 (西寧市) - 中国青海省西寧市の市轄区。 城東区 (ソウル特別市) - 韓国ソウル特別市の区。 城東 (東京都) - 東京都区部にある地区。江戸城(皇居)の東側一帯。葛飾区・墨田区・江東区・江戸川区など。 城東区 (東京都) - 東京市(35区時代)にあった行政区。現在の江東区東半部。 城東 (津山市) - 岡山県津山市の地区(旧東南条郡津山東町の範囲)。 城東町並み保存地区 - 上記にある町並み保存地区。 城東 (弘前市) - 青森県弘前市にある地区。 城東中央 - 上記にある地区。 城東北 - 上記にある地区。 城東 (松本市) - 長野県松本市にある地区。 上道 -岡山県岡山市東区にある地区。別称が城東。 城東台 - 上記にある大字。 岡山市立城東台小学校 - 上記にある公立小学校。 城東駅 - 群馬県前橋市にある鉄道駅。

上棟

概要 (Wikipediaから引用)

上棟式(じょうとうしき)とは、日本で建物の新築の際に行われる祭祀である。棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)ともいう。上棟式には神道様式や仏教様式がある。 竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、通常、柱・棟・梁などの基本構造が完成して棟木を上げるときに行われる。式の方法や次第には神社の祭祀のような規定はなく、地域による差異もある。屋上に祭壇を設けそこで祭祀を行うものや、祭壇のみ屋上に設けて祭祀は地上で行うもの、祭壇も祭祀も地上のものの区別もある。神社本庁では「諸祭式要鋼」で上棟式の基準を示している。それによれば、祭神は屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)、屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)、手置帆負命(たおきほおいのみこと)、彦狭知命(ひこさしりのみこと)および当地の産土神である。まず、他の祭祀と同様に修祓・降神・献饌・祝詞奏上が行われる。次に、上棟式特有の儀礼として、曳綱の儀(棟木を曳き上げる)、槌打の儀(棟木を棟に打ちつける)、 散餅銭の儀(餅や銭貨を撒く)が行われる。

城頭

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。