「す」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

酢(す、醋とも酸とも書く、英: Vinegar)は、酢酸を3 - 5%程度含み酸味のある調味料の1種。また、殺菌や防腐を目的としても使われる。1979年6月8日に「食酢の日本農林規格」が公示され、日本農林規格(JAS)での呼称は食酢(しょくす)となった。 酢酸以外に、乳酸、コハク酸、リンゴ酸、クエン酸などの有機酸類やアミノ酸、エステル類、アルコール類、糖類などを含むことがある。 一般的には、原料になる穀物または果実から醸造酒を製造し、そこへ酢酸菌(アセトバクター)を加えることで、酢酸発酵させて作る。 フランス語で酢を意味する vinaigre が単純に vin aigre (酸っぱいワイン)に由来していること、また、漢字の「酢」と「酒」が同じ部首をもつことからわかるように、酒との関連性が深く、有史以前、人間が醸造を行うようになるのとほぼ同時期に酢も作られるようになったと考えられている。

概要 (Wikipediaから引用)

鬆(す)とは、本来は均質であるべきものの中にできた空間をいう。 「す」は和語で、「巣」と表記されることもあったが、今は「鬆」の字を主にあてる。「鬆」の音読みは「ショウ」で、松の葉の重なりから向こうがすけて見えるさまから来ている。出版物などにおいては、ひらがなで「す」と表記されることが多い。「すが立つ」「すができる」「すが入る」などのように用いる。そのようになるさまを「すだち」ともいうが、「巣立ち」と同音のため誤解を生みやすい。 対義語として、均質であるべきものの中にその物質が著しく固まって存在する場合、「だま」と呼ぶ。小麦粉などを水に溶くときにできやすい。 料理・食材における「す」 ダイコンやゴボウなどの根菜類、スイカなどの果実において、すができることが多い。組織が外側に向かって成長しすぎることなどが原因で、内部が割れて空間(亀裂)ができるのである。すができると見た目だけではなく、味や食感に変化が見られるため商品価値は著しく落ち、通常は出荷にはいたらない。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

巣(す)とは、動物がその生活の必要のために自分の体外に作る特別な構造であり、その体の一部ではないものである。なお、その構造を作ることを営巣(えいそう)という。 巣とは、動物が生活する上の必要から作る構造物である。その上または中で、摂食・休眠・繁殖(出産・育児)・避難するなどに用いる。 捕食のための構造も巣と呼ぶことがある(例:クモの網)。これは本来は捕獲装置であり、厳密には分けるべきであろうが、実際にはまとめて巣と呼ばれることが多々ある。また、網と巣が連続している場合や、兼用されている場合もある(例:アリジゴクの巣)。 また、巣と呼ばれるものは、動物体と独立しているものをさす。たとえば、貝殻は巣とは呼ばれない。ゴカイの仲間であるウズマキゴカイの巣と巻き貝の仲間であるヘビガイの殻は予備知識なしには同じように見えるが、前者はその中で虫体が遊離しているので巣であり、後者は殻から動物体を切り離すことができない。

概要 (Wikipediaから引用)

『すだれ』より : すだれ(簀垂れ、簾)とは、竹やよしなどを編んで部屋の仕切りあるいは日よけのために吊り下げて用いるもの。 窓の外や軒先に垂らされ、日よけ、目隠し、虫よけなどの目的で使われる。夏の風物詩でもある。『万葉集』に秋の風で簾が動く様子を詠った短歌があり、簾の歴史は少なくとも奈良時代まで遡る。 横方向に垂らすような形で用いる「掛け簾」のほか、縦方向に立て掛ける形で用いる「立て簾(たてす)」と呼ばれる種類もあり、特にヨシを素材として編まれた「葦簀(葭簀、よしず)」は夏季を中心に軒先などに立て掛けて使用されるものである。 カーテンやブラインド、スクリーン等が普及する中、使い勝手の良さや見た目の良さにより根強い人気を持ち、「洋風たてす」と呼ばれるものも販売されている。近代建築においては、エクステリアやインテリアの装飾品として使われることもある。 なお、すだれ状のものを商品等の包装用にしたものは包装用すだれと呼ばれる。 御簾 御簾(みす)とは、特に緑色の布の縁取りなどをした簾のこと。「ぎょれん」とも読む。大名や公家などが部屋の中や外を分けるのに使われていた。

概要 (Wikipediaから引用)

簀の子(すのこ)は、紙漉きに使う道具。 簀には本数、素材によってさまざまあり、漉かれる紙によっても違いがある。 「竹簀」は、鉄板に竹を通しながら削った大小の穴が開いたものを使用する(このとき、竹は節の部分を使用しない。また、均一に削るのも職人技であり、その出来映えが簀組み時や紙漉きにも影響するため、削り終わったものは念入りにチェックされる)。 簀は、漉く紙の種類などによって、1寸の間に何本の竹をいれるかを決定する。目が粗ければ水の抜けがいいため厚い紙を漉きやすくなり、逆に目が細かければ一定の量の繊維が乗ると水が通らないため薄い紙を漉きやすくなる(一例として、和紙は流し漉きであるため、簀の上の繊維を絡ませながら漉くことから、後者のような現象がより顕著におきる)。 薄い紙を漉く場合、竹簀が竹本来の色だと簀の上にどの程度の繊維が乗っているかの判断が難しいため、竹に墨を塗って識別しやすくしている。また、簀の目を出さないよう漉く場合には「紗」という布を敷いて紙漉きを行う。 簀を組むときには絹糸が使用される(糸に繊維が絡みつかないように、柿から抽出した柿渋を塗り簀を組む)。

概要 (Wikipediaから引用)

『酢』より : 酢(す、醋とも酸とも書く、英: Vinegar)は、酢酸を3 - 5%程度含み酸味のある調味料の1種。また、殺菌や防腐を目的としても使われる。1979年6月8日に「食酢の日本農林規格」が公示され、日本農林規格(JAS)での呼称は食酢(しょくす)となった。 酢酸以外に、乳酸、コハク酸、リンゴ酸、クエン酸などの有機酸類やアミノ酸、エステル類、アルコール類、糖類などを含むことがある。 一般的には、原料になる穀物または果実から醸造酒を製造し、そこへ酢酸菌(アセトバクター)を加えることで、酢酸発酵させて作る。 フランス語で酢を意味する vinaigre が単純に vin aigre (酸っぱいワイン)に由来していること、また、漢字の「酢」と「酒」が同じ部首をもつことからわかるように、酒との関連性が深く、有史以前、人間が醸造を行うようになるのとほぼ同時期に酢も作られるようになったと考えられている。

する

概要 (Wikipediaから引用)

する 為る - 行為や作用を行う事。(英語の'do') 刷る - 印刷すること。(英語の'print') フィジー諸島を中心とするメラネシアで着用される腰巻形の民族衣装にかんしては、スルを参照。

摺る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

擦る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

摩る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

スる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

刷る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

磨る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

剃る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

擂る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

すい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

酸い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。