「すいかん」とは?

言葉 詳細
水干

概要 (Wikipediaから引用)

水干(すいかん)は、男子の平安装束の一つ。名称は糊を付けず水をつけて張った簡素な生地を用いるからとも、晴雨両用に便利なため(『続深窓秘抄』)ともいうが、いずれにせよ簡素な服飾であることからの命名のようである。 狩衣に似て盤領(丸えり)の一つ身(背縫いがない)仕立てである。ただし襟は蜻蛉で止めず、襟の背中心にあたる部分と襟の上前の端につけられた紐で結んで止める。平安時代末期の絵巻では、都の庶民の多くが水干を着ている様子が見られる。生地は絹や麻布など一定しない。庶民は麻を染めたり摺ったりして色や文様を表した生地を用いていたようであるし、貴族が着る場合は高級な生地を多用した。また鎌倉時代から室町時代には公武の童形(元服前)の礼装として多用される。白拍子の水干も、童形水干と発想がつながるものであろう。 着装は通常袴に籠めて着装するが、寺院の稚児などには掛水干といって狩衣のように袴の上に着て帯を締める着装も行われた。襟の紐は普通に結ぶほか、襟を折って胸前で結ぶなどさまざまな着方が行われ、近世武家故実においては諸説がおこなわれた。

酔漢

概要 (Wikipediaから引用)

『酔っ払い』より : 酔っ払い(よっぱらい)とは、エタノール含有飲料(日本酒、ビール、焼酎などのアルコール飲料。以下、酒とする)を飲み、酩酊状態にある人をさす。 酒はストレス発散の手段としても広く使われるが、酔っ払いは他者への迷惑行為、嘔吐などを起こす可能性が高いため、嫌われることが多い。酩酊そのものの説明は、酔いの項目を参照されたい。 江戸時代には、ひどく酒に酔った状態を公式には「酒狂」と呼び、酒狂状態で起こした犯罪は同じ犯罪でも罪が重くなった。江戸の庶民は「よっぱらい」「生酔」、大阪では「よたんぽ」と呼んでいた。 季節性 日本には風習として、特定の時期にアルコールを摂取する機会が増え、酔っ払いが増える傾向にある。 主な風習及びその時期は以下の通り。 卒業、入学、入社のシーズン(3 - 4月) 花見のシーズン(4月) 忘年会、新年会のシーズン(12 - 1月) 人事異動のシーズン(4月、10月など) 迷惑行為 酔っ払いのさまざまな迷惑行為は、アルコールハラスメントと呼ばれる。

吹管

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。