「すいがい」とは?

言葉 詳細
水害

概要 (Wikipediaから引用)

水害(すいがい)とは、水による災害、すなわち洪水や高潮など、水によりもたらされる個人的・社会的被害の総称。水災(すいさい)。これを制御することを治水と呼ぶ。 気象事象による河川池沼の洪水や高潮などによる外水氾濫のほか、排水が上手くできないで起こる内水氾濫などによる都市型水害も大きな問題となっている。 土砂崩れや土石流災害などは土砂災害、落雷や降雹によって起こる災害を雷害、雪によるものは雪害、風によるものは風害と呼ばれる。また、津波による被害は、通常は水害というより「地震災害」の一種と捉えるか、また単独で「津波災害」と括るのが普通である。 日本で水害など災害が起こった場合、主として消防機関(常備消防・消防団)、地域の自主防災組織(住民によるボランティア)が救援救助に当たるが、大規模災害の場合は自衛隊に災害派遣の要請を行うこともある。 水害の内容 人命の損失(死者、行方不明者、負傷者) 住宅の全壊・半壊 住宅の浸水 床上浸水 住家のうち居住の用に供する部分の床を超える浸水または地盤面より45cmを超える浸水。