「すいぎゅう」とは?

言葉 詳細
スイギュウ

概要 (Wikipediaから引用)

スイギュウ(水牛、Bubalus arnee)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科アジアスイギュウ属に分類される偶蹄類。 同じウシ族で水辺を好むアフリカスイギュウなどと区別するため、アジアスイギュウ、インドスイギュウともいう。 分布 インド、タイ、ネパール、バングラデシュ、ミャンマーに自然分布 。家畜と交雑したと考えられている個体群がインド、インドネシア、カンボジア、スリランカ、タイ、バングラデシュ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスに分布。家畜が野生化した個体群がアルゼンチン、オーストラリア(ノーザンテリトリー)、チュニジア、ヨーロッパなどに分布。 有史以前はアフリカ大陸北部から黄河周辺にかけて分布していたと考えられている。 形態 体長240-300センチメートル。尾長60-100センチメートル。肩高150-190センチメートル。体重700-1,200キログラム。喉から胸部にかけて垂れ下がった皮膚はなく、また肩から背中にかけて隆起しない。頸部腹面に三日月状の白色斑が入るが、個体変異や地域変異が大きい。

水牛

概要 (Wikipediaから引用)

『スイギュウ』より : スイギュウ(水牛、Bubalus arnee)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科アジアスイギュウ属に分類される偶蹄類。 同じウシ族で水辺を好むアフリカスイギュウなどと区別するため、アジアスイギュウ、インドスイギュウともいう。 分布 インド、タイ、ネパール、バングラデシュ、ミャンマーに自然分布 。家畜と交雑したと考えられている個体群がインド、インドネシア、カンボジア、スリランカ、タイ、バングラデシュ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスに分布。家畜が野生化した個体群がアルゼンチン、オーストラリア(ノーザンテリトリー)、チュニジア、ヨーロッパなどに分布。 有史以前はアフリカ大陸北部から黄河周辺にかけて分布していたと考えられている。 形態 体長240-300センチメートル。尾長60-100センチメートル。肩高150-190センチメートル。体重700-1,200キログラム。喉から胸部にかけて垂れ下がった皮膚はなく、また肩から背中にかけて隆起しない。頸部腹面に三日月状の白色斑が入るが、個体変異や地域変異が大きい。