「すいぎょ」とは?

言葉 詳細
水魚

概要 (Wikipediaから引用)

鮮魚の交わり(すいぎょのまじわり)は、故事成語の一つ。「魚は水があってこそ生きていられる」という例をもって「欠くべからざる友の存在」を喩えたもので、「水と鮮魚のように切っても切れない親しい関係」を「離れることができない、親密な間柄や交際」の喩えなどに用いる。主従や夫婦の仲が良いことなどについても用いる。漢文、四字熟語で水魚之交とも記すが、日本語ではこれは「せんぎょのこう」とも読む。起源の中国語では、通常、元となった故事から如魚得水(書き下し文例 :魚〈うお〉の水を得たるが如し、文意 :魚が水を得たようなもの)と表され、水を得た魚のように、「自分に適した環境・境遇を得る」、「自分が十分に活躍できる環境・境遇を得る」、「気の合う友を得る」などといった意味で用いる。 三国時代直前の中国にあって、 劉備が三顧の礼で諸葛亮(諸葛孔明)を臣下に迎え入れて以来、日々深まる両者の交情の篤いさま──すなわち、親密な人間関係のありよう──を評して言われたもので、その様子を見て心中穏やかでいられない関羽・張飛といった古参の有力武将に対して語ったとされる劉備の言が元になっている。