「すいけい」とは?

言葉 詳細
水茎

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

水系

概要 (Wikipediaから引用)

水系(すいけい、英語:drainage system)は、河川に関連する用語である。ある河川とそれに合流する他の河川や内水面(湖沼や池)、さらには分岐する河川を含めた、流路を部分的に共有する河川や湖沼全体を体系化した概念と、その概念に基づく分類をいう。 水系は分水界により区分される。ある水系に降水が流入する範囲を流域という。水系と流域は、よく似た概念だが、流域が面的な広がりを表すのに対し、水系は水の線的なつながりを表している。また、他に類似の言葉として流路形状がある。流路形状は、河川の流路の部分的な地形そのものを表す。つまり川筋の形のことである。一般的には、地表水のつながりのみを水系と考えられがちであるが、ある河川から別の河川へ地下を通じて水が移動(水文循環)することはよく見られることから、水系概念に地下水のつながりも含めるべきとされている。 分類 水系は、その形状などから次のように地理学的に分類される。 枝状水系 世界中で一般的に見られる形態。本流と支流が樹枝のような形状のもの。 平行水系 急斜面に見られる形態。急斜面上で水流が直線状となり、隣接する水系と平行関係をとるもの。

推計

概要 (Wikipediaから引用)

推計統計学(すいけいとうけいがく、inferential statistics)とは、無作為抽出された部分集団(抽出集団、標本集団)から抽出元全体(母集団)の特徴、性質を推定する統計学の分野を言う。推測統計学または推計学とも呼ばれる。 19世紀後半から20世紀初頭にかけて発達した統計学は記述統計学(descriptive statistics)と呼ばれる。集団の規則性を求めることが統計学の目的であるが、記述統計学においては集団の規則性は大量の標本を観察することによってのみ発見することができるものだと考えられていた。そのため、記述統計学は資源が限られているなどの条件により少数の標本しか得られない現象について、その帰属する母集団の規則性を求めることができなかった。そのような事例に対応するために発達したのが推計統計学(inferential statistics)である。 統計学的推測は 点推定 区間推定 仮説検定に細分される。 抽出集団から母集団を推定するため、抜き取り調査による品質管理や疫学調査の基礎となる学問である。