「すいこう」とは?

言葉 詳細
推考

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

すいこう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

推こう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

推敲

概要 (Wikipediaから引用)

推敲(すいこう)とは、文章を何度も練り直すこと。 唐代、都の長安に科挙(官吏の登用試験)を受けるためにはるばるやってきた賈島は、乗っているロバの上で詩を作っていた。その途中、「僧は推す月下の門」という一句を口ずさんでから、「推す」のほかに「敲く」という語を思いついて迷ってしまった。彼は手綱をとるのも忘れ、手で門を押すまねをしたり、叩くまねをしたりしたが、なかなか決まらなかった。あまりにも夢中になっていたので、向こうから役人の行列がやってきたのにも気づかず、その中に突っ込んでしまった。さらに悪いことに、その行列は知京兆府事(長安の都知事)、韓愈の行列であったため、賈島はすぐに捕らえられ、韓愈の前に連れて行かれた。そこで彼は事の経緯をつぶさに申し立てた。優れた名文家であり、漢詩の大家でもあった韓愈は、賈島の話を聞き終わると、「それは『敲く』の方がいいだろう、月下に音を響かせる風情があって良い」と言った。そして、二人は、馬を並べていきながら詩を論じ合った。 このことから「文章を書いた後、字句を良くするために何回も読んで練り直すこと」を「推敲」という。

遂行

概要 (Wikipediaから引用)

遂行動詞(すいこうどうし、英: performative verb:遂行態(すいこうたい)、performatif)は、言語学の用語。発言した時点でその動作を行ったことになる動詞、「Aします」と言うとAをしたのと同じ効力のある動詞をいう。また遂行動詞の持つこの性質を「遂行性」、遂行動詞を用いる文を「遂行文」という。 英語における遂行動詞 英語において現在時制は通常現在の状態、現在の習慣的動作を表すが遂行動詞が用いられる際に限って発話時点での一回の動作を表すことが出来る。 ただし、この用法は主語が一人称、動詞が現在時制であり平叙文の時のみ現出する。例として次の文を記す。 I promise this won't happen again. このようなことが二度と起こらないと約束します。 We suggest that we should tackle the problem another day. 別の日に取り組むことを提案します。