「すいごう」とは?

言葉 詳細
水郷

概要 (Wikipediaから引用)

『あやめ (列車)』より : あやめは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が東京駅 - 鹿島神宮駅・銚子駅間を総武本線・成田線・鹿島線経由で運行していた特急列車である。2015年(平成27年)3月13日に定期運行を終了した。 本項では、成田線・鹿島線で運行されていた優等列車の沿革についても記述する。また、特に断りがない場合は定期運行終了時のデータである。 特急「あやめ」は、東京と千葉県北東部・茨城県鹿行地域を結ぶ列車として、成田線成田駅 - 松岸駅間の電化完成後の1975年3月10日から東京駅 - 鹿島神宮駅間で運行を開始し、エル特急に指定された。当初は4往復であったが、1982年11月に急行「鹿島」の1往復を統合し5往復体制となった。 1985年3月14日には、佐原駅 - 鹿島神宮駅間を普通列車として運行されるようになり、さらに1993年7月2日には2往復が、1994年12月3日には2往復が廃止されて1往復のみの運行となり、エル特急の指定が解除された。