「すいさんか」とは?

言葉 詳細
水酸化

概要 (Wikipediaから引用)

『アンモニア』より : 水酸化アンモニウム(ammonium hydroxide)は、アンモニアの水溶液を示す場合に用いられる名称である。アンモニア水(ammonia water)とも呼ばれ、NH3(aq)と表すことができる。アンモニア水中の電離平衡において中間体として NH4OH の存在が仮定されたこともあるが、この化学種の存在は否定されている。 化学式で[NH4+][OH−]と塩のように表すが、この化学種の単離は不可能であり、希釈水溶液としてのみ存在する。 塩基性度 水溶液中ではアンモニアと水は次のような平衡にある。 NH3 + H2O \rightleftharpoons NH4+ + OH−1Mのアンモニア水溶液では、約0.42%のアンモニアがアンモニウムイオンとなり、pHは11.63となる。塩基解離定数は: Kb = [NH4+][OH-]/[NH3] = 1.8×10−5 実験室での用途 アンモニア水は伝統的に定性分析に用いられる。