「すいさんぶつ」とは?

言葉 詳細
水産物

概要 (Wikipediaから引用)

『魚介類』より : 魚介類(ぎょかいるい)、魚介(ぎょかい)は、水産動物の総称。鯨などの哺乳類も含む。 まれに、動物に限らず、コンブ・ワカメなどの海藻を含める場合もある。その場合は水産物と同義である。 「魚」とは魚類とクジラ目のことであるが、「介」とは、古代中国の五行にもとづく動物分類で、亀・甲殻類・貝など甲羅を持つ動物の総称である。ただし、イカ・タコ・ナマコなどは、本来は魚類でも介類でもないが、魚介類に含められる。 魚貝類、魚蟹類という言葉もあり、魚介類の単なる書き間違いのこともあるが、それぞれ文字どおり「魚類と貝類」「魚類とカニ類(或いは甲殻類)」と解釈されることもある。 食物としてのシーフードを指すこともある。 生物分類 魚介類は、分類上、 脊索動物 - 哺乳類(クジラ)、魚類(軟骨魚類、硬骨魚類)、無顎類(ヤツメウナギ)、ホヤ 軟体動物 - 貝類、頭足類(タコ、イカ) 棘皮動物 - ウニ、ナマコ 節足動物 - 甲殻類(エビ、カニ) 刺胞動物 - クラゲなど、複数の門にまたがっているが、多くの門は、魚介類としては利用されていない。