「すいし」とは?

言葉 詳細
水石

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

出師

概要 (Wikipediaから引用)

『出師表』より : 「出師表」(すいしのひょう、「出師の表」)とは、臣下が出陣する際に君主に奉る文書のことである。「出師」とは文字通り「師(=軍隊)を出す」ことであり、「表」とは公開される上奏文を指す。「出師表」自体は一般的な文書名であるが、歴史上、三国時代蜀の丞相であった諸葛亮が、皇帝劉禅に奏上したものが著名であり、特に述べられない場合、「出師表」とはこれを指す。 以下、諸葛亮の「出師表」について記す。 前出師表 建興5年(227年)、諸葛亮が主君の劉禅に奉った上奏文。一般に「出師表」と言えばこの文章を指すが、「後出師表」(後述)と区別するために、「前出師表」と呼ばれることもある。自分を登用してくれた先帝劉備に対する恩義を述べ、あわせて若き皇帝である劉禅を我が子のように諭し、自らの報恩の決意を述べた文である。陳寿の三国志の本文にも引用されている他、『文選』、『文章軌範』等にも収められており、諸葛亮の真作と考えられている。 古来から名文中の名文とされており「諸葛孔明の出師の表を読みて涙を堕さざれば、その人、必ず不忠」(『箋解古文眞寶』の安子順の発言部分)と言われてきたほど、諸葛亮の蜀に対する忠義が如実に描写されていると言われてきた。

推する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

すいする

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

垂死

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

水死

概要 (Wikipediaから引用)

水死(すいし)とは、水が呼吸器系へ侵入し、肺に水がたまるなどして気道がふさがれることにより引き起こされる窒息死の一種である。主に水難事故で引き起こされ、溺死(できし)ともいう。死亡にまで至らない窒息の場合は溺水(できすい)という。喀血や吐血による血液の吸引・逆流による窒息死は水死とは呼ばない。 日本の水死事故 発生件数 2002年(平成14年)の警察庁のまとめによると(以下の統計はこの資料による)、日本での水難事故の発生件数は1,722件で、その内死亡者は951件である。死亡率は約50%と、交通事故などに比べても圧倒的に死亡率が高い。 死亡者の内訳は、高校卒業相当年齢以上65歳未満が557名で、水死者全体の57.0%を占めている。65歳以上の高齢者が284名(29.1%)で、以下、高校生相当年齢、未就学児童、小学生、中学生と続く。しかし、65歳以上の水難事故者の致死率は一番高く、7割近くが死亡している。これは、自身の身体能力の衰えに対する認識不足から水難事故に陥りやすく、さらに、水難事故に遭遇した際に対処できうる体力がないことによると考えられている。

垂示

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。