「すう」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

数(かず、すう、英: number)とは、 ものの順序を示す語。あるいは、その記号。 個々の事物が、(全体または一定の範囲で)いくつあるか(何回おきるか)ということを表すもの。ITなど特定の分野においては「数値(すうち)」ともいう。 数とは、順序や量を表すための語(概念)、および その記号(文字)である。 数と数字はしばしば混同され、また混同しても問題がない場合もあるが、本質的には異なる概念であり、数とは物の順序・量などを表現しているのに対して、数字のほうは、その数を表すための記号(文字)である。 数の概念 数の体系 数概念の拡張の歴史数の概念は人類の歴史とともに次第に拡張されてきた。もっとも素朴な存在としての数は、ものの順番や個数としての自然数である。 ここにゼロ(零)、およびひとつひとつの自然数と一対になっている負の数(負の整数)を加えることで、整数が考えだされた。(この段階ではこれで「全ての数」とも考えられたので「integer」と呼ばれた。もともとintegerとは「全体」とか「欠けの無い」という意味) さらに整数の商を考えて有理数と拡張され、四則演算が自由に行える体系を得る。

吸う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

すう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

すい

概要 (Wikipediaから引用)

『彗星』より : すい星(すいせい) 太陽系の惑星については水星をご覧ください。 箒星(ほうきぼし)については彗星をご覧ください。 彗星のその他の用例についてはについては彗星 (曖昧さ回避)をご覧ください。

酸い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。