「ず」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

図(ず)とは、 図面。図表。統計図表。 地図。 図画。絵画。 図形。四角形、多角形など。 絵図。間取図。 構図。画面。 背景となる部分を「地」と呼ぶのに対して、まとまった形として知覚される部分を「図」という。日常生活では、図と地の区別は自動的になされる。(ルビン Rubin)。

概要 (Wikipediaから引用)

ぬ、ヌは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第5行第3段(な行う段)に位置する。清音でありながら子音は有声子音であり、濁音や半濁音は持たない。 現代標準語の音韻: 上歯茎に舌をつけて発音する鼻音である有声子音/n/と、母音うからなる。 五十音順: 第23位。 いろは順: 第10位。「り」の次。「る」の前。 平仮名「ぬ」の字形: 「奴」の草体 片仮名「ヌ」の字形: 「奴」の旁 ローマ字: nu 点字: 「ぬ」の点字 通話表: 「沼津のヌ」 モールス信号: ・・・・ 手旗信号:9→450px50px 発音:Japanese nu.ogg ぬ ぬ に関わる諸事項 「ぬ」は、日本語の古語において完了あるいは否定を表す。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ずる

概要 (Wikipediaから引用)

ずるいねこのおはなし (”The Sly Old Cat ;1906”) は、ビアトリクス・ポター作のピーターラビット ピーターラビットの絵本である。年寄りの ずるいネコ ねこ がネズミ ねずみをアフタヌーン・ティー ティーパーティーに招待した。台所でパーティーが始まるが、ねこは客であるねずみに対して礼を失した態度を取る。そして、紅茶を飲む際にねずみに対して自分は紅茶を飲んだ後にデザートを食べると告げる。そこでねずみは自分がねこのデザートになることを悟り、後悔する。ねこはポット ミルク壺を逆さにして頭を突っ込み、牛乳 ミルクを飲み干すが、そのときねずみがテーブルの上に跳びあがって壺の底を突いたので、壺がねこの頭にはまり込んでしまった。ねこが台所中を駆け回っている間に、ねずみはテーブルの上に座って紅茶を飲む。そしてマフィンを家に持って帰り、家でマフィンを食べた。一方ねこはねずみが帰った後で壺のはまった頭をテーブルにぶつけてようやく壺を割ることが出来た。