「ずいしょう」とは?

言葉 詳細
瑞生

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

瑞祥

概要 (Wikipediaから引用)

瑞祥地名(ずいしょうちめい)は、地名を命名法・由来などをもとに分類した地名種類の一種である。めでたい意味の言葉をそのまま使ったり、良い意味の言葉から創作された地名のことである。 日本 古代の日本には文字がなかったため、日本語(和語)を表記するために漢字の音を利用した万葉仮名が生み出された。初期の万葉仮名は音を利用するのみだったが、次第にその漢字の意味を付加して漢語と和語の掛詞(同音異義)のようにも使われ、最終的に訓読み(異音同義)も作られるに至る。万葉仮名における漢字の同音異義性と異音同義性は、人により時期により、同じ土地でも任意の同音で異なる漢字を用いて地名表記が出来ることを意味し、文書化する際にかえって混乱を招くことになった。 大化の改新後、日本において初めて中央集権体制(律令体制)が確立すると、全国的な戸籍の編纂などの統治体制の整備がされるようになった。戸籍の記載には、万葉仮名を用いた不確定でバラバラな住所記載は不適切なため、713(和銅6)年に「諸国の郡郷名は好字(よきじ、嘉字)で著せ」との通達が下り、全国の地名は全て瑞祥地名に統一され、地名記載の確定がなされた。

瑞象

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。