「ずいはん」とは?

言葉 詳細
随伴

概要 (Wikipediaから引用)

随伴 (ずいはん)、随伴性 (ずいはんせい) はいくつかの異なる分野で異なる意味で用いられている。 哲学において、随伴または付随 (ふずい) とは、スーパーヴィーン (supervene) の訳語として、ある異なるレベルにおける特性の間で成立している強い依存関係に関して使われる言葉である。 付随性を参照のこと。 数学において、随伴は、数学の様々な分野に現れる随伴関手の対 (:en:adjoint functors adjoint functors) が示す関係を表すものとして使われる。 随伴性はアジョイントネス (adjointness)、アジャンクション (adjunction) の訳にあたり、この概念は圏論において抽象的レベルで明確化される。 普遍性も参照のこと。 民法において、随伴性は、債権が譲渡されたときに担保権の性質が付随して移転することを表す。 随伴性を参照のこと。