「ずいほうじ」とは?

言葉 詳細
瑞宝寺

概要 (Wikipediaから引用)

名称 瑞宝寺公園 都市 兵庫県神戸市北区 (神戸市) 北区有馬町 位置情報 分類 都市公園 面積 3.9ha 設備・遊具 旧瑞宝寺山門、十三重石塔、紅葉茶屋 駐車場 なし バリアフリー 建築家・技術者 告示 瑞宝寺公園(ずいほうじこうえん)は、兵庫県神戸市北区 (神戸市) 北区の有馬温泉 有馬温泉郷にある都市公園。温泉街の最高部(標高500m)に位置する。紅葉の名所として知られている。明治初期に廃寺になった黄檗宗瑞宝寺の跡地を、神戸市が1951年に公園として整備した。歴史的には、豊臣秀吉も有馬をたびたび訪れていた。秀吉が「いくら見ても飽きない」などと瑞宝寺の紅葉を気に入ったという故事から、この地の紅葉には「日暮しの庭」、「錦繍谷」の別称がある。また秀吉が囲碁を指したとされる石の碁盤も、公園内に残されている。