「ずうずうべん」とは?

言葉 詳細
ずうずう弁

概要 (Wikipediaから引用)

『東北方言』より : ズーズー弁(ズーズーべん)は、一般には東北方言の俗称であるが、日本語の方言学では、音韻上「し」対「す」、「ち」対「つ」およびその濁音「じ」対「ず」(「ぢ」対「づ」)の区別がない方言を指して使われ、一つ仮名弁(ひとつかなべん)とも言う。日本語の方言のうち、多くの方言で起こった二つ仮名への統合がさらに進んだものと考えられており、四つ仮名の統合の最終的な形である。しかし、もともとこれらの方言やその起源に、何らかのベース、基層語が存在したという説もある。 ズーズー弁が分布するのは、青森県から福島県北部・新潟県阿賀野川までの東北地方(三陸沿岸地域を除く)および北海道沿岸部と、富山県中東部、山陰地方中部(鳥取県西伯耆と島根県出雲)である。北奥羽方言と雲伯方言では「し・ち・じ」に近い発音、南奥羽方言は「す・つ・ず」に近い発音になるとされる。例えば「寿司・煤」は、ともに北奥羽方言と雲伯方言で「シシ [sïsï]」、南奥羽方言で「スス [sɯ̈sɯ̈]」と発音される傾向がある。