「ずく」とは?

言葉 詳細
ズク

概要 (Wikipediaから引用)

ズクヨタカ科 (Aegothelidae) は、鳥類アマツバメ目の科である。ズクヨタカと呼ばれる。 オーストラリア区の、ほとんどはニューギニア、一部がオーストラリア、モルッカ諸島、ニューカレドニアに生息する。 全長20–30cm。羽色は全体的には暗褐色だが、さまざまな模様がある。 夜行性。森林に住み、枝から飛び立って空中や地上の昆虫などを捕食する。 系統と分類 「ズクヨタカ」という名だがヨタカ類よりはアマツバメ類に近縁である。伝統的にヨタカ目に含められてきたが、現代的な分類ではアマツバメ目に移される。アマツバメ目の中では最も基底で分岐する。 1科でズクヨタカ目 Aegotheliformes とする説もある。かつてのSibley分類では、ヨタカ亜目(ヨタカ目に相当)とは別のズクヨタカ亜目 Aegotheli に1科のみで分類されていた。Sibleyらはこれらをフクロウ目に含めたが、ヨタカ目の2亜目とすることもある。 種 国際鳥類学会議 (IOC) の分類では1属9種からなる。

ずく

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『製鉄所』より : 製鉄所(せいてつじょ・せいてつしょ)とは、製鉄を行い鉄鋼製品を作る一連の設備がまとまって存在する工場のことである。 本稿では、その中でも日本の鉄鋼業の主流である、鉄鉱石から鉄を取り出すところから最終製品の製造までを一つの敷地内で行う(間接製鋼法による)銑鋼一貫製鉄所を取り上げる。 日本における事実上の銑鋼一貫製鉄所は、新日鐵住金7(室蘭・鹿島・君津・和歌山・名古屋・八幡・大分)、JFEスチール4(千葉、京浜、倉敷、福山)、神戸製鋼所2(神戸・加古川)、日新製鋼1(呉)の14か所である(2015年現在)。 日本初の銑鋼一貫製鉄所としては一般的に北九州の官営八幡製鐵所(1901年(明治34年)操業開始)が挙げられるが、操業当初には生産が不安定で、開始の翌年から2年間稼動が停止(1904年まで)されている。一方、民間では岩手県の釜石鉱山田中製鉄所(1887年(明治20年)創業)が1903年(明治36年)より銑鋼一貫製鉄所となって稼動しているので、こちらの方が時期的に早い。