「ずろ」とは?

言葉 詳細
ずる

概要 (Wikipediaから引用)

ずるいねこのおはなし (”The Sly Old Cat ;1906”) は、ビアトリクス・ポター作のピーターラビット ピーターラビットの絵本である。年寄りの ずるいネコ ねこ がネズミ ねずみをアフタヌーン・ティー ティーパーティーに招待した。台所でパーティーが始まるが、ねこは客であるねずみに対して礼を失した態度を取る。そして、紅茶を飲む際にねずみに対して自分は紅茶を飲んだ後にデザートを食べると告げる。そこでねずみは自分がねこのデザートになることを悟り、後悔する。ねこはポット ミルク壺を逆さにして頭を突っ込み、牛乳 ミルクを飲み干すが、そのときねずみがテーブルの上に跳びあがって壺の底を突いたので、壺がねこの頭にはまり込んでしまった。ねこが台所中を駆け回っている間に、ねずみはテーブルの上に座って紅茶を飲む。そしてマフィンを家に持って帰り、家でマフィンを食べた。一方ねこはねずみが帰った後で壺のはまった頭をテーブルにぶつけてようやく壺を割ることが出来た。