「せ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

妹(いもうと)とは本人から見て傍系2親等の年少の女性、通常は同じ父母から生まれた年少の女性をいう。また自分の弟と結婚した女性、すなわち弟嫁や配偶者の妹も本人から見たら妹になる。その場合、義妹(ぎまい)と書いて「いもうと」と呼ぶ場合が多く、対象者より年下であるとは限らない。また、親の養女や親の再婚相手の連れ子が年下だった場合も義妹にあたる。 血縁関係のある2親等の場合、現在の日本では対象者と婚姻することは民法上できない。 いとこのうち、対象者より年下の女性を従妹(じゅうまい)と呼ぶ。いとこは4親等である。 語彙 古代日本語においては妹は「いも」と呼び、年齢の上下に関係なく男性からみた同腹(はらから)の女を指した。女性から見た同胞の女は年上を「え」と呼び、年下は「おと」と呼んだ。これは男性から見た同胞の男に対する呼び名と同じである。また、恋人である女性や妻のことも妹(いも)と呼んだ。「我妹子」(わぎもこ)とも言う。これは古代においては兄弟姉妹婚が広く行われており、妻や恋人と妹を同一視していたためという説がある。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

畝(うね)とは、 畑で作物を作るために(何本も間隔を空けて)細長く直線状に土を盛り上げた所のこと。英語ではhillingまたはhillと呼ぶ。また道や波が畝る(曲がる)などと動詞ともなる。 畑の畝、畦(どちらも、うね)は、作物を生育させるために土を盛り上げた所。畝はしばしば苗や作物を風からの障害を防ぐ目的がある。 畝はスコップや鍬、また機械の耕耘機やトラクターを用いて立てる。 通常、作物を作り終え次の作物を生育するとき、畝を立て直す。これを畝換えと言う。 作物や土の状態によって、畝が必要でなかったり、畝の形状を変更したりする。 冬以外の気候ならば南北方向に立てられる。温度も十分で土を温める必要もないからである。しかし、冬の天候では土が十分温まらないこともあり、光が当たる面積を増やす目的で畝が東西に立てられる。 よく畝を立てるとされる状況は、 土の水はけが悪い場合 作物が塊根、塊茎である場合(ジャガイモなど) 強力な茎をもつ作物を生育する場合(リーキなど) その他の場合(チコリーなど)があげられる。

概要 (Wikipediaから引用)

『せ』より : せ、セは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第3行第4段(さ行え段)に位置する。清音の他、濁音(ぜ、ゼ)を持つ。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「え」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「せ」: 舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から息を摩擦させて通すときに出る音(歯茎摩擦音)。無声。 濁音 「ぜ」: 舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声音(歯茎摩擦音)。または、いったん舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声音(歯茎破擦音)、すなわち「つ」の子音の有声音である。それら二つの「ぜ」の発音は、一般に日本語の話者にはほとんど聞き分けられず、意味上の差異はない。 五十音順: 第14位。 いろは順: 第46位。「も」の次。「す」の前。 平仮名「せ」の字形: 「世」の草体 片仮名「セ」の字形: 「世」の草体、または「世」の異体の部分 ローマ字 せ: se ぜ: ze 点字: 40px 通話表: 「世界のセ」 モールス信号: ・---・ 手旗信号:9→750px50px 発音:Japanese se.ogg せ 音韻史 16世紀に訪れたキリスト教宣教師たちが記録した資料によると、「せ」「ぜ」は「xe」「je」と表記されており、現在の「シェ」「ジェ」に相当する音であったことが知られている。

せる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

す、スは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第3行第3段(さ行う段)に位置する。清音の他、濁音(ず、ズ)を持つ。 現代標準語の音韻:1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「す」:舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から息を摩擦させて通すときに出る音(歯茎摩擦音)。無声。 濁音 「ず」:語中においては舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声音(有声歯茎摩擦音)。語頭や促音・撥音の後では、いったん舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声音(有声歯茎破擦音)、すなわち「つ」の子音の有声音と同じである。それら二つの「ず」の発音は、一般に日本語の話者にはほとんど聞き分けられず、意味上の差異はない。「ず」は「づ」と同じ発音であり、現代標準語では「ず」と「づ」を音の上で区別しない(四つ仮名)。現代仮名遣いでは、例外を除いて「づ」で書かれてきたものをすべて「ず」で書く。 五十音順:第13位。 いろは順:第47位。「せ」の次。「京」または「ん」の前。

する

概要 (Wikipediaから引用)

する 為る - 行為や作用を行う事。(英語の'do') 刷る - 印刷すること。(英語の'print') フィジー諸島を中心とするメラネシアで着用される腰巻形の民族衣装にかんしては、スルを参照。

競る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

糶る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。