「せいあん」とは?

言葉 詳細
西安

概要 (Wikipediaから引用)

西安市(せいあんし/シーアンし、簡体字: 西安市、拼音: Xī'ān、英語: Xi'an)は中華人民共和国陝西省の省都であり、古くは中国古代の諸王朝の都となった長安である。国家歴史文化名城に指定され、世界各国からの観光客も多い。経済的重要性から大幅な自主権をもつ副省級市にも指定されている。 地名の由来 西安(西京)とは「西の首都」の意味であるが、一般的に東アジアの伝統では、首都の名前をこのようにつけることが多かった。例えば、日本の東京やベトナムのトンキン(東京)は、「東の首都」を意味する。日本の東京は、首都を意味する京都からの方角をもとにしており、「北京」、「南京」、「西京(長安、西安)」は、中国の内陸部にある洛陽からの方角をもとにしている。 西北の突厥を防ぐために建てられた都市である。 地理 中国関中平原の中部に位置し、北に渭水が東西に流れ、南は秦嶺山脈が東西に走っている。 西安の古称は長安であり、かつては西都、西京、大興、京兆、奉元等とも称された。

セイアン

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

成案

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。