「せいかい」とは?

言葉 詳細
清開

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

青海

概要 (Wikipediaから引用)

青海(せいかい、Qinghai、チベット語: མཚོ་སྔོན་ 転写:mTsho-sngon、モンゴル語: Хөхнуур、ᠬᠥᠬᠡᠨᠠᠭᠤᠷ 転写:Kökenaγur、満州語: ᡥᡠᡥᡠᠨᠣᠣᠷ 転写:Huhu noor)は、清朝の雍正帝がグシ・ハン一族を屈服させたのち、チベットの東北部に成立させた地域的枠組み。チベット高原の中央部に分布する遊牧民の居住地域が、1724年 - 1732年に行われた雍正のチベット分割により南北に分割されることによって成立。 アムド地方の西部・中央部とカム地方の北部から成る。 清朝時代は藩部に区分され、理藩院の管轄を受けた(のちに、中華民国の国民政府の時代、河西回廊の一部とあわせて青海省が設けられた)。 中華民国以降の青海地方については青海省 (中華民国)、青海省等を参照。 地理 河西回廊の西南部、四川地方の西部に位置する。チベット人の地理区分では、アムド地方の中央部から西北部を占める。モンゴル人は、この地のモンゴル人をデートモンゴル(高地モンゴル)と呼ぶ。 前史 オイラト部族連合の盟主でホショト部の部族長であったトゥルバイフ(グシ・ハン)は1637年 - 1642年にかけてツァントェ王、ペリ王、チョクト・ホンタイジ等チベット各地の有力諸侯を攻滅ぼすと、ヤルンツァンポ河流域をダライ・ラマ領としてダライ・ラマ5世に寄進し、チベット東北部の青海草原に自分たちの皇子たちと靡下のオイラト(青海ホショト)兵たちを配置、その他の各地(代官を派遣して統治する直轄地や諸侯に対する支配権)を自身の皇子たちに分配した。

盛会

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

政界

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

正解

概要 (Wikipediaから引用)

正 せい 正しいこと。⇔誤。 答えなどがあっていること。正解という。 本家であること。 事実であること。まさに。 プラス(plus、+)。⇔マイナス(minus、-)。 正の数(⇔負の数)は正の数と負の数を参照。 正極(⇔負極)は電極を参照。 1040(10の40乗)を表す単位。正 (数)を参照。 画線法で使用される数字。画線法では5を表す。数を数える、統計を取る時など勘定する場合に使う漢字(江戸時代は玉を使った)。一進法も参照。しょう 律令制における司の長官。⇒司 大正時代。その他 日本人の名前の一つ。「ただし」など。