「せいかいけん」とは?

言葉 詳細
制海権

概要 (Wikipediaから引用)

制海権(せいかいけん、英: Command of the Sea, Thalassocracy)とは一般に自らの航海の自由と同時に敵対勢力の航海の排除を可能とする海洋の支配をいう。現代では海上優勢とも呼ばれる。 戦略理論において制海権の概念を提起したコーベットは海上交通路の支配を意味する概念として位置づけている。ただしマハンは歴史的に見るとイギリス帝国でさえ海洋を完全に支配したことはなく、制海権は必ずしも絶対的に確立されるものではなく、相対的な状態であることを指摘している。またカステックスも制海権が相対的、未完成、不完全であることが一般的であると考える。このような学説を踏まえて現代の海洋戦略においては制海権はより相対的な意味合いを含む用語として海上優勢 (Sea Superiority) と呼ばれる。さらに現代の海軍を踏まえて制海権の概念を考慮した場合、ターナーは技術革新がもたらした潜水艦や航空機の発達が制海権を確立することがより難しくなっていると論じている。