「せいかく」とは?

言葉 詳細
精確

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

正確

概要 (Wikipediaから引用)

『』より : フィッシャーの正確確率検定(-せいかくかくりつけんてい、Fisher's exact test、フィッシャーの直接確率検定ともいう)は、標本数が少ない場合に、2つのカテゴリーに分類されたデータの分析に用いられる統計学的検定法である。考案者ロナルド・フィッシャーの名による。 2 x 2分割表(2つの集団が2カテゴリーに分類されたデータを扱う場合、自由度は1)の2変数の間に統計学的に有意な関連があるかどうかを検討するのに用いられる。1 x 2分割表の場合もある。同じ状況で標本数が大きい場合には統計量の標本分布が近似的にカイ二乗分布に等しくなるのでカイ二乗検定が用いられるが、標本数が小さい(分割表のセルの期待値に10未満のものがある)場合や、表中の数値の偏りが大きい場合にはこの近似は不正確である。この場合には正確確率検定が文字通り正確である。標本数が大きい場合や、数値の偏りが小さい場合(差がなさそうに見える場合)には計算が難しいが、このようなときはカイ二乗検定が利用可能である。

政客

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

性格

概要 (Wikipediaから引用)

性格(せいかく)は、その者の性質を表す。人だけとは限らない。 性格という用語はcharacterの訳語として心理学で用いられるようになった。ゴードン・オールポートが述べているように、characterという単語には価値的な意味合いが含まれている。一方で性格という用語には価値的な意味合いが薄いということもあり、日本語の「性格」と「人格」という用語は混乱しやすい。 感情面の個性は気質 (temperament) という先天的傾向に基づくといい、気質から作られる行動や意欲の傾向が性格とよばれる。性格とよく似た言葉に人格があるが、人格には社会的もしくは論理的な内容が含まれており、性格より範囲が広い。なおこの気質はヒッポクラテスの医学における四体液説に由来する。 類型論 類型論とは、人をある基準によって分類することによって性格を捉える考え方のことである。分類された人々の中の典型的な性格を類型的性格という。性質を分類するための分類として代表的なものにはクレッチマーとユングの気質論がある。以下の分類以外にも「シェルドンの分類(クレッチマーと同じ分類)」、「ツルゲネフの分類(ユングと似た分類)」などがある。

正格

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

製革

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。