「せいかん」とは?

言葉 詳細
せいかん

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

精かん

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

精悍

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

青函

概要 (Wikipediaから引用)

青函トンネル(せいかんトンネル)は、本州の青森県東津軽郡今別町浜名と北海道上磯郡知内町湯の里を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道トンネルである。全長が約53.9kmであることからゾーン539の愛称がある。 津軽海峡の海底下約100mの地中を穿って設けられたトンネルで、全長は53.85 km。交通機関用のトンネルとして、世界一の長さである。 青函トンネルの木古内駅方には、非常に短いシェルターで覆われたコモナイ川橋梁、さらに長さ約1.2kmの第1湯の里トンネルが続き青函トンネルに一体化しており、これらを含めたトンネル状構造物の総延長は約55kmになる。なお、トンネルの最深地点には青色と緑色の蛍光灯による目印がある。 青函トンネルを含む区間は海峡線として開業したが、当初より新幹線規格で建設されており、2016年3月より三線軌条を北海道新幹線が走行している。 また、青函トンネルは通信の大動脈でもある。青函トンネルの中には開通当時の日本テレコム(のちソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイルを経て、現在のソフトバンク)が光ファイバーケーブルを敷設しており、北海道と本州を結ぶ電信・電話の重要な管路となっている。

清閑

概要 (Wikipediaから引用)

清閑寺 熙定(せいかんじ ひろさだ、旧字体:淸閑寺 煕定)は、江戸時代中期の公卿。明正天皇・後光明天皇・後西天皇・霊元天皇・東山天皇の五代に仕えた。浅野長矩が吉良義央に刃傷に及んだ際に江戸に下向していた院使として知られる。本姓は藤原。 寛文2年(1662年)7月13日、京に生まれる。寛文3年(1663年)に正六位に叙任。寛文8年(1668年)に7歳で元服して昇殿した。右衛門権佐・蔵人・右少弁・左少弁・右中弁・左中弁などを歴任して、天和3年(1683年)に22歳で蔵人頭に就任。さらに貞享元年(1684年)には正四位上の参議・左大弁となり、公卿に列した。さらに貞享4年(1687年)に権中納言へ進み、元禄12年(1699年)には権大納言となったが、間もなく辞職した。元禄14年(1701年)2月には霊元上皇の使者として江戸へ下向し、浅野長矩による吉良義央への殿中刃傷に遭遇した。 宝永4年(1707年)1月10日に薨去。享年46。 家系 父:清閑寺熙房(権大納言) - 藤原北家勧修寺流の公卿 母:母は公卿高倉永敦(権大納言)の姫(半家の高倉家) 妹:大典侍の局(寿光院) 息子:清閑寺治房(1690年 - 1733年) 娘:竹姫(1705年 - 1772年)(浄岸院、徳川綱吉養女 後 徳川吉宗養女、島津継豊後室) 娘:柳沢吉保養女、大久保忠英室 娘:一柳直昌室 娘:吉田兼章室 娘:冷泉宗家室 官歴 寛文3年(1663年)1月6日:正六位 寛文8年(1668年)12月10日:従五位上・治部大輔 寛文10年(1670年)11月9日:右衛門権佐 寛文11年(1671年)1月6日:正五位下 延宝2年(1674年)2月8日:右少弁 延宝2年(1674年)2月15日:蔵人 延宝2年(1674年)6月1日:正五位上 延宝8年(1680年)12月29日:左少弁 天和元年(1681年)12月14日:右中弁 天和2年(1682年)4月27日:左中弁 天和3年(1683年)1月13日:従四位下・蔵人頭 天和3年(1683年)1月26日:右大弁 天和3年(1683年)2月3日:従四位上 天和3年(1683年)8月2日:正四位下 貞享元年(1684年)1月16日:正四位上 貞享元年(1684年)11月1日:参議・左大弁 貞享2年(1685年)1月7日:従三位 貞享4年(1687年)12月19日:権中納言 元禄6年(1693年)12月26日:賀茂伝奏 元禄8年(1695年)5月29日:賀茂伝奏辞職 元禄9年(1696年)6月17日:賀茂伝奏再任 元禄11年(1698年)12月27日:従二位 元禄12年(1699年)12月29日:権大納言 元禄14年(1701年)2月21日:権大納言辞職 関連項目 赤穂事件 赤穂浪士 忠臣蔵。

盛観

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

清鑑

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

政官

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

性感

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

生還

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

静観

概要 (Wikipediaから引用)

『増命』より : 物事を静かに見守ること。 平安時代前期の天台宗の僧侶増命が亡くなった後の名。 かつて熱海温泉に存在していた宿泊施設「静観荘」(浅草ビューホテル関連)。