「せいがく」とは?

言葉 詳細
声楽

概要 (Wikipediaから引用)

声楽(せいがく)とは器楽の対語であり、人声を中心とした音楽を指す。通常、浪曲や演歌は含まない。 人間の声によって人生の哀歓や悲壮美・崇高美などを聴衆に感じさせる音楽分野である。本来的には西洋音楽の用語であり、器楽に対して人間の声による音楽を指す。 西洋音楽における声楽 歌、歌曲、合唱曲、オペラ、カンタータなど人間の声による音楽であり、しばしば楽器伴奏が加わる。声楽を専攻し、生業としている音楽家を声楽家と呼ぶが、この用語は主にクラシック音楽の歌手を指して用いられる。 なお、人声があってもベートーヴェンの第9交響曲「合唱付き」やグスタフ・マーラーの交響曲のように、関心が器楽的演奏に向けられている場合は声楽曲とはよばない。 声種 声の音域による区別を声種という。 女声 ソプラノ メゾソプラノ アルト(コントラルト) 男声 ソプラニスタ(ソプラニスト) カウンターテナー(カウンターテノール) テノール バリトン バス カストラート 児童の声 ボーイソプラノ 声の性格 ソプラノ コロラトゥーラ・ソプラノ ソプラノ・レッジェーロ:軽やかなソプラノ(レッジェーロleggieroはイタリア語で「軽い」の意)。

聖楽

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。