「ぜい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『伊勢国』より : 伊勢国(いせのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。 「伊勢」の名称と由来 語源は「伊呂勢(=弟)」であり、出雲の分派としての機能から発達したという説がある。また、海に近いことから「イソ」が転じたとする説もある。 沿革 『日本書紀』などの倭姫命伝説では美し国(うましくに)と称された。 『伊勢国風土記』によると、神武東征神話で、国譲りの国つ神(土着の勢力)イセツヒコの名「イセ」にちなむという。大和政権の勢力がこの地域にまで及んだことを神格化したものと考えられている。 7世紀の孝徳天皇の時代に、島津国造、伊賀国造の領域も含んだ伊勢国造の領域を中心に成立した。 天武天皇9年(680年)7月に伊賀国を分置した。 8世紀はじめまでに志摩国を分立したが、その正確な時期は不明である。分立当初、熊野灘に面した沿岸部、現在の南伊勢町にあたる地域は志摩国に属していたが、後に守護の北畠氏により伊勢国に移された。 近世以降の沿革 「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での国内の支配は以下の通り。

勢井

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『脂肪組織』より : 肉(にく)とは、動物の皮下組織および筋肉のことである。 単に「肉」というと、皮下組織全般を指し、脂肪組織の層や血管など循環器系と筋肉組織に末梢神経などを指す。消化器官や心臓など循環器系の一部、脳を含む神経系などは内臓として区分されることもあるが、こと食肉(人間が食料として扱う肉)の場合は動物の内臓も食べる文化もあり、やや複雑である。 肉は生物(特に動物)の肉体においては、外界と体内を隔てる壁として体内恒常性の維持に役立ったり、脂肪の形で生存に必要なエネルギーを蓄えたりする機能を持ち、また筋肉は骨を支えとして体を動かす機能を果たしている。 ただ、単に肉とするばあいは、近世以前の解剖学発達以前的な曖昧な区分でしかなく、こと生物学的には「肉」と呼ばれる生物の体を構成する組織ではなく、更に細分化された区分が用いられる。ゆえに「肉」と表現するのは学術的な意図の無い、日常における大雑把な概念で事足りる場合のみである。 なお植物でも果実の栄養を貯蔵している部分を果肉と呼び、葉の部分でも比較的厚みがある場合は、その内部組織を肉質と表現する場合がある。

概要 (Wikipediaから引用)

『税金』より : 租税(そぜい)・税(ぜい)とは、法令の定めに基づいて、商売、所得、商品、取引等の行為や財産に対して、国や地方公共団体(政府等)が国民や住民から徴収する金銭である。現代社会においては、ほとんどの国が物納や労働ではなく「お金(その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用し、税金(ぜいきん)と呼ばれる。税金を賦課することを課税(かぜい)、徴収することを徴税(ちょうぜい)、課税された税を納めることを納税(のうぜい)、それらについての事務を税務(ぜいむ)という。 税制(ぜいせい)とは「租税制度」を指す用語であり、国家の運営や歳入歳出に係る根幹、また政治経済(経世済民)そのものである。政府の歳入歳出や財政状況において租税徴収額を減額することを減税(げんぜい)、逆に増額することを増税(ぞうぜい)という。 租税の本質・目的 租税の機能・効果 租税には次の4つの機能・効果があるとされている。 公共サービスの費用調達機能 - 「市場の失敗」という言葉に象徴される市場経済のもとでは提供困難なサービス(軍事、国防、裁判、警察、公共事業など)の提供のための費用を調達するための機能。