「ぜいせい」とは?

言葉 詳細
ぜいせい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

税政

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

脆性

概要 (Wikipediaから引用)

脆性(ぜいせい、brittleness)は、物質の脆さを表す技術用語。破壊に要するエネルギーの小さいことをいう。対語としては靱性(じんせい:壊れにくいこと)と展延性(壊れずに変形すること)がある。 「脆」の文字が常用漢字に含まれていないことからぜい性と表記されることもある。本記事では学術用語集に準じて「脆性」の表記で統一する。 脆性破壊 脆性破壊とは弾性変形を越えた応力によって、固体材料の原子結合が切断されるために起こる破壊現象であり、ガラスの室温での破壊が代表的である。対して、延性破壊は塑性変形(すべり変形、原子の移動)が進んだ後に破壊に至る現象であり、金属材料では転位の集積によりマイクロボイドが発生・合体することで生じる。結果として、延性破面はディンプルと呼ばれる孔が連なった複雑な形状を呈し、脆性破面は平滑な面(金属材料では破面単位や有効結晶粒と呼ばれる)が連なった形状を呈する。 金属などの延性材料は、力が加わると原子(または転位のような結晶の不完全部)が移動することによって破壊せずに塑性変形するが、原子が移動しにくい結合(例えば共有結合やイオン結合)をしている材料、結晶は原子間結合力を超える力が加わると分離し破壊するというイメージである。

税制

概要 (Wikipediaから引用)

『税金』より : 租税(そぜい)・税(ぜい)とは、法令の定めに基づいて、商売、所得、商品、取引等の行為や財産に対して、国や地方公共団体(政府等)が国民や住民から徴収する金銭である。現代社会においては、ほとんどの国が物納や労働ではなく「お金(その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用し、税金(ぜいきん)と呼ばれる。税金を賦課することを課税(かぜい)、徴収することを徴税(ちょうぜい)、課税された税を納めることを納税(のうぜい)、それらについての事務を税務(ぜいむ)という。 税制(ぜいせい)とは「租税制度」を指す用語であり、国家の運営や歳入歳出に係る根幹、また政治経済(経世済民)そのものである。政府の歳入歳出や財政状況において租税徴収額を減額することを減税(げんぜい)、逆に増額することを増税(ぞうぜい)という。 租税の本質・目的 租税の機能・効果 租税には次の4つの機能・効果があるとされている。 公共サービスの費用調達機能 - 「市場の失敗」という言葉に象徴される市場経済のもとでは提供困難なサービス(軍事、国防、裁判、警察、公共事業など)の提供のための費用を調達するための機能。

噬臍

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。