「ぜいむしょ」とは?

言葉 詳細
税務署

概要 (Wikipediaから引用)

税務署(ぜいむしょ、英称:Tax Office)とは、国税庁の下部組織として、国税局の所掌事務の一部を分掌させるために設置されている国の行政機関。財務省設置法第24条の規定に基づき設置される。 2005年3月現在、税務署の所掌事務は財務省組織規則によって以下のように定められている。 内国税の賦課及び徴収に関すること 税理士制度運営に関すること 酒税の保全並びに酒類業の発達、改善及び調整に関すること(酒税の保全並びに酒類業の発達、改善及び調整に関する制度の企画及び立案を除く) 酒類に係る資源の有効な利用の確保に関すること 印紙の模造の取締りを行うこと 税務署の所掌事務に係る国際協力に関すること その他、法令に基づき、税務署に属させられた事務税金のうち、国税(中央税)である所得税、法人税、消費税、相続税、贈与税、登録免許税、印紙税、酒税、揮発油税(ガソリン税)、地方道路税、航空機燃料税、電源開発促進税、自動車重量税、石油ガス税、石油石炭税、たばこ税などに関する業務を行なっており、確定申告の時期には多くの人が訪れ、確定申告に関する相談などを受け付けている。