「ぜっけん」とは?

言葉 詳細
ゼッケン

概要 (Wikipediaから引用)

ゼッケンとはスポーツを行う際に個体の識別を目的として装着する表示の日本での呼称である。これは、国際的な競技においては英語由来のビブ、ビブス(bib, bibs。涎掛けの意)と呼ばれるもので2006年現在、日本においても国際的な競技においてはそれに倣うようになりつつある。 語源 「ゼッケン」という語は、一説にはドイツ語で「覆う」という意味の"Decken"(デッケン)に由来するとされている(なお馬術や競馬において、馬の鞍の下に敷く番号が書かれた毛布のことを"Decken"と言う。日本ではこれがスポーツなどで競技者の衣服の前後につける番号を記したアイテムを指す用語として普及したとのことである)。また他の説では同じくドイツ語の「目印」を意味する"Zeichen"(ツァイヒェン)の綴りをローマ字読みしたもの、たとえば「ゼイチェン」という読みから転訛したのだともいわれている。発音の上では前者のほうがそれらしいが、意味の点では後者のほうに分がありそうである。両説とも一長一短といったところで、決め手に欠けている。上記以外にも、ドイツ語の"Säckchen"や"Sequens"、イタリア語の"zechin(zecchino)"、ノルウェー語あるいは和製外国語という説もある。