「ぜっぱん」とは?

言葉 詳細
絶版

概要 (Wikipediaから引用)

絶版(ぜっぱん、ぜつばん)とは、重版などで新たに印刷することを断念され、著作権者から設定を受けた出版権が放棄された書籍のこと。絶版になると書籍の現物が流通しなくなるため、当該書籍を書店で注文しても入手できなくなる。 転じて、生産が中止、または終了となり一般流通からの入手が困難になっている物品に対しても用いる。 絶版になる理由 主に以下の理由があげられる。 売上が伸びない、もしくはこれ以上売上が伸びる可能性がないと判断された場合。 一番多いケースで、出版社は著者との契約に基づき出版権を放棄し、絶版となる。 著者の意向によるもの。 髙村薫は、一度世に出した作品でもそれを執筆当時の成果物として絶対視せずにその後も育て続けるという考えの持ち主で、文庫化などの際には全編大幅に改稿した〈改訂版〉とし、同時に既発表版は絶版としている。 出版後、書籍の内容に問題があることが発覚した場合。 安部公房の『飛ぶ男』は当初、安部の遺稿として出版されたが、出版後に安部の夫人である安部真知が故人に無断で手を加えていたことが問題となり絶版となっている。

ぜっぱん

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。