「そ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

そ、ソは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第3行第5段(さ行お段)に位置する。清音の他、濁音(ぞ、ゾ)を持つ。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「お」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「そ」: 舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から息を摩擦させて通すときに出る音(歯茎摩擦音)。無声。 濁音 「ぞ」: 舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声音(歯茎摩擦音)。または、いったん舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声音(歯茎破擦音)、すなわち「つ」の子音の有声音である。それら二つの「ぞ」の発音は、一般に日本語の話者にはほとんど聞き分けられず、意味上の差異はない。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

蘇(そ)は、8世紀~10世紀頃の日本で最初に作られたチーズ。製造方法は、延喜式の中にも記録されている(物納として用いられたことから)。蘇をさらに熟成、加工して醍醐も作られた。文武天皇の時代に蘇が作られた最初の記録がある。典薬寮の乳牛院という機関が生産を担っており、薬や神饌としても使われていた。主な生産地として、摂津国味原(あじふ)の乳牛牧(ちちうしまき、ちちゅうしまき:現在の大阪市東淀川区の一部にあたる)などが知られている。牛乳にラムスデン現象によって出来た膜を箸や竹串ですくって集めた物が蘇である。これを豆乳に変えてできる物がゆばである。加熱するだけで、熟成を行わない為、フレッシュチーズに分類される。

概要 (Wikipediaから引用)

『そ』より : ソ そ - 日本の仮名。 ソビエト連邦 - 20世紀の国家。 階名の第5。ファとラの間。 ウシを意味する韓国語・朝鮮語 (소) アサ(麻)。 日本の国鉄・JRの形式称号において、操重車を指すもの。

概要 (Wikipediaから引用)

『北朝鮮による日本人拉致問題』より : 北朝鮮による日本人拉致事件(きたちょうせんによるにほんじんらちじけん)とは、1970年代から1980年代にかけて、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作員や土台人、よど号グループなどにより、多数の日本人が、日本から極秘裏に、北朝鮮に拉致された国際犯罪事件である。 日本国政府の認識 日本では、主権の侵害と国民の生命と安全に対して、大きな脅威をもたらすテロリズムである。北朝鮮は、長年拉致事件への関与を否定してきたが、2002年(平成14年)、平壌で行われた日朝首脳会談で、日本人の拉致を認め、金正日が謝罪し、再発の防止を約束した。しかし、このことに対する賠償などは、未だに行われてていない。 日本国政府が認定した拉致事案は12件、拉致被害者は17人。 北朝鮮政府側は、このうち13人(男性6人、女性7人)について、日本人拉致を公式に認めており、5人が日本に帰国しているが、残り12人については「8人死亡、4人は入境せず」と主張している。

概要 (Wikipediaから引用)

『朝鮮戦争』より : 朝鮮戦争(ちょうせんせんそう、1950年6月25日 - 1953年7月27日休戦)は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で、朝鮮半島の主権を巡り北朝鮮が、国境線と化していた38度線を越えて侵攻したことによって勃発した国際紛争。 分断国家朝鮮の両当事国、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国と1949年10月1日に建国された成立間もない中華人民共和国が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化した後に荒廃させた。1953年7月27日に中朝連合軍と国連軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至ったが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断された。 現在も南北朝鮮の両国間、及び朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国との間に平和条約は締結されておらず、緊張状態は解消されていない。

概要 (Wikipediaから引用)

す、スは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第3行第3段(さ行う段)に位置する。清音の他、濁音(ず、ズ)を持つ。 現代標準語の音韻:1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「す」:舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から息を摩擦させて通すときに出る音(歯茎摩擦音)。無声。 濁音 「ず」:語中においては舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声音(有声歯茎摩擦音)。語頭や促音・撥音の後では、いったん舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声音(有声歯茎破擦音)、すなわち「つ」の子音の有声音と同じである。それら二つの「ず」の発音は、一般に日本語の話者にはほとんど聞き分けられず、意味上の差異はない。「ず」は「づ」と同じ発音であり、現代標準語では「ず」と「づ」を音の上で区別しない(四つ仮名)。現代仮名遣いでは、例外を除いて「づ」で書かれてきたものをすべて「ず」で書く。 五十音順:第13位。 いろは順:第47位。「せ」の次。「京」または「ん」の前。

そる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

剃る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

反る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『水曜どうでしょうの企画』より : 水曜どうでしょうの企画では、北海道テレビ放送制作のバラエティ深夜番組『水曜どうでしょう』(1996年 - 2002年深夜放送。以後、年数回でスペシャル版放映)で放送された企画の中から、同番組を再構成・再編集した再放送版であり一部を除く全国テレビ局で放送されている『どうでしょうリターンズ』・『水曜どうでしょうClassic』の中で放送される企画、またDVD『水曜どうでしょうDVD全集』として発売される作品、いわゆる「鈴井・大泉の旅企画」について述べる。企画名については番組内で多数の呼び方がある企画があるが、本記事においては正式タイトルはDVD版のものとし、未DVD化企画については暫定的に放送時のタイトルを用いるものとする。 敢行企画 ここではオリジナル版『水曜どうでしょう』で放送された企画を順におって紹介する。 なお、ここで言う「オリジナル版」とはHTBで水曜日の深夜に放送されたもの(1999年12月「サイコロ6・ゴールデンスペシャル」を含む)を指す。