「そうあい」とは?

言葉 詳細
相愛

概要 (Wikipediaから引用)

相愛大学(そうあいだいがく、英語: Soai University、公用語表記: 相愛大学)は、大阪府大阪市住之江区南港中4-4-1に本部を置く日本の私立大学である。1982年に設置された。大学の略称は相愛大。 附属校として、相愛中学校・高等学校がある。京都女子大学とは姉妹校で龍谷総合学園加盟校。学内にクラシックなどの音楽の演奏をメインとしたコンサートホール兼講堂「南港ホール」がある。 沿革 1888年 大阪市本町(現・相愛中学校・高等学校所在地)に相愛女学校創立。 初代校長大谷朴子(西本願寺第21代宗主明如の妹) 1906年 相愛高等女学校と改称。相愛女子音楽学校増設 1911年 浄土真宗本願寺派本願寺直轄学校になる 1928年 財団法人相愛女学園設立、相愛女子専門学校設置 1937年 音楽科新設 1947年 相愛中学校設置 1948年 相愛高等学校設置 1950年 相愛女子短期大学設置 1951年 相愛学園に改組 1953年 短期大学に家政科・音楽科増設 1955年 子供の音楽教室開設 1958年 相愛女子大学音楽学部設置、新学園歌(大木惇夫作詞、山田耕筰作曲)完成 1982年 相愛女子大学を現在の相愛大学に校名変更、音楽学部男女共学化 1983年 大学・短期大学を現在地に移転 1984年 大学に人文学部設置 1987年 短期大学英米語学科設置 1994年 南港学舎、学生厚生施設棟・教育研究棟完成、セミナーハウス大飯学舎(福井県おおい町)完成 1995年 短期大学家政学科食物専攻を生活学科食物専攻に、家政学科被服専攻を生活学科衣生活専攻に名称変更 1999年 大学に音楽専攻科設置、短期大学生活学科食物専攻を食物栄養専攻に、衣生活専攻を人間生活専攻に名称変更 2000年 大学人文学部男女共学化、人間心理学科・現代社会学科を増設。