「そうあいじょしたんきだいがく」とは?

言葉 詳細
相愛女子短期大学

概要 (Wikipediaから引用)

相愛女子短期大学(そうあいじょしたんきだいがく、英語: Soai College)は、大阪府大阪市住之江区南港中4-1に本部を置いていた日本の私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は相愛短大。学生募集は2005年度まで。2006年度より相愛大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2008年7月31日正式廃止。 大学全体 学校法人相愛学園を経営母体としていた日本の私立短期大学。設置は短期大学制度発足の1950年。当初は国文科のみの単科短大だったが、順次学科の増減を経て、最多で4学科を置くようになった。 建学の精神(校訓・理念・学是) 相愛女子短期大学の学是は「自他共に如来の一子なり、まさに相愛愛すべし」となっている。 教育および研究 相愛女子短期大学にはかつて、「なにわの文学」と題した科目があった。これは、近松門左衛門や司馬遼太郎といった大阪出身の著名文学者の著作を研究する内容のもので、本短大独自の科目となっていた。