「そうえん」とは?

言葉 詳細
宗演

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

桑園

概要 (Wikipediaから引用)

桑園駅(そうえんえき)は、北海道札幌市中央区北11条西15丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はS02。電報略号はソウ。 乗り入れ路線 函館本線を所属線としており、札沼線(愛称:学園都市線)を加えた2路線が乗り入れている。本駅は札沼線の線路名称上での起点であるが、札沼線の列車はすべて隣の札幌駅まで乗入れており、当駅を始終着とする列車は存在しない。当駅 - 札幌駅間は、函館本線列車が走行する複線と、札沼線列車が走行する単線を合わせた3線区間となっている。 手稲・小樽方面の列車と学園都市線の列車との乗り換えは当駅で行うが、当駅を通過する快速「エアポート」・区間快速「いしかりライナー」・「ホームライナー」に乗車の場合に限り札幌駅で乗り換えが可能。 現在桑園駅がある場所の近くに札幌競馬場ができたのは、1907年(明治40年)のことである。この競馬場のために、1908年(明治41年)に開催日にかぎって競馬場付近に北五条仮乗降場が設けられた。

宗頤

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

宗円

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

荘園

概要 (Wikipediaから引用)

荘園(しょうえん)は、公的支配を受けない(あるいは公的支配を極力制限した)一定規模以上の私的所有・経営の土地である。なお、中世の西ヨーロッパ・中央ヨーロッパに見られたmanor(英語)、Grundherrschaft(ドイツ語)の訳語としても用いられている。 日本の荘園 日本における荘園とは、奈良時代に律令制の下で始まり、羽柴秀吉による太閤検地によって終わりを告げる、権力者の私有地を指す。時代ごとに形式が異なる。 中国の荘園 前史 中国においては、漢の時代より后妃や皇族、富豪らが所有する「荘」もしくは「園」と呼ばれるものが存在し、これが荘園の元となった。ただし、当時の「荘」や「園」の主体は娯楽のための別荘であり、これに附属の庭園、更には周囲の田園や山林を含めたものであった。六朝時代の南朝では、別墅(べっしょ)・別業と呼ばれて江南貴族の中には数百頃の田畠を持つ者も存在したが、あくまでも別荘の一部として捉えられていた。

蒼鉛

概要 (Wikipediaから引用)

『ビスマス』より : ビスマス(英: bismuth)は原子番号83の元素。元素記号は Bi。第15族元素の一つ。日本名は蒼鉛。 淡く赤みがかった銀白色の金属で、柔らかく脆い。多彩な色を示すことがあるが、これは表面の酸化膜で光が干渉することによる構造色であり、ビスマス本来の色ではない。電気伝導性や熱伝導性は高くない。融点は271.3 °Cと低い。 常温で安定に存在し、凝固すると体積が増加するのが特徴。またビスマス化合物には医薬品の材料となるものがあり、他の窒素族元素(ヒ素やアンチモン)の化合物に毒性が強いものが多いことと対照的である。 産出 天然には硫化物(輝蒼鉛鉱)として主に産出するが、自然蒼鉛として単体での産出も知られている。なお、鉱工業上はこれらの鉱物ではなく、主に鉛、モリブデン、タングステン精錬の副産物として生産される。ビスマスのドイツ語Wismutは、1472年に与えたシュネーベルクの草原 (Wiese) の採掘許可権 (Mutung) から生まれた語Wiesemutungに由来するが、当時はビスマスはアンチモン、錫、亜鉛などと混同されていた。