「そるぼんぬ」とは?

言葉 詳細
ソルボンヌ

概要 (Wikipediaから引用)

『パリ大学』より : パリ大学(仏:Université de Paris)は、フランス共和国のパリ、クレテイユおよびヴェルサイユの3大学区にある13の大学の総称である。多くのノーベル賞受賞者を送り出している他、政治学、科学、物理学、神学などの分野で優秀な学者を輩出している。また芸術の教育機関としても名高い。 パリ大学の起源は12世紀前半であり、1970年に第1から第13大学までの独立した大学群に編制された。大学は1257年にフランスの神学者ロベール・ド・ソルボン(fr)が神学部学生用のソルボンヌ寮を設立して以降「ソルボンヌ (Sorbonne)」、または「ラ・ソルボンヌ (La Sorbonne)」と呼ばれるが、大学が必ずしもソルボンの思想に基づいているわけではない。現在の13校の中で第1から第4大学までがソルボンの意思を受け継ぐ伝統的な教育を行っており、そのうち3校(第1、第3と第4大学)はソルボンヌを冠としている。ソルボンヌにある Académie de Paris には8校の総学長が存在し、現在の会長・学長はPatrick Gérard、副学長はEdouard Husson。