「ぞう」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『BUMP OF CHICKEN』より : 増川 弘明(ますかわ ひろあき、1979年12月20日 -、未年・射手座 )は千葉県佐倉市出身のミュージシャン。BUMP OF CHICKENのギタリスト。左利き(ギターは右利き用)。千葉県立佐倉高等学校卒業、中央大学理工学部中退。 千葉県に長男として生まれた。小学校では合唱部所属(声が高かったためパートはソプラノ)。中学生時代に藤原と非常に仲が良く、中学の文化祭で藤原たちがバンドを結成したとき、裏方でバンドに協力。藤原が自分のギターを増川宅に隠していたことからギターにも触り始め、高校1年生の頃よりバンドに正式加入した。千葉県立佐倉高等学校を経て、1浪の後中央大学理工学部へ進学(その後4年への進級時に研究室に入らなければならなくなり中退)。一方、アルバイトの講師として勤務していた学習塾では英語を教えていた。 血液型はA型で、メンバーの中では1番の長身である。愛称は「ヒロ」。左利きだが、箸、ペン、ギターは右。球技(ボウリング、キャッチボール、雪合戦)は左。視力はあまり良くなく、通常はコンタクト、プライベートでは眼鏡も使用している。

概要 (Wikipediaから引用)

像(ぞう)とは、人や物の形のこと。またその形をまねて作った、ものや絵のことをいう。またレンズを通して実物をスクリーンに投影したものも像という。これの派生的なものとして数学用語としての写像がある。da:Statuees:Estatuafa:تندیسfi:Patsashe:פסל (יצירה)io:Statuoit:Statuano:Statuenrm:Estateuept:Estátuaru:Статуяsimple:Statuesv:Staty

概要 (Wikipediaから引用)

造士館(ぞうしかん)は鹿児島藩(薩摩藩)が江戸時代後期に設立した藩校。鹿児島藩には早くから藩校を作る計画があったが、予算不足などの理由で長らく放置されていた。8代藩主・島津重豪はこのような実状に危惧を抱き、安永2年(1773年)、鹿児島城二ノ丸御門前に約3400坪の敷地を確保し、儒教の聖堂である「宣成殿」、講堂・学寮・文庫などを建設した。これが「造士館」の始まりである。初代館長には重豪気に入りの学者であった山本正誼が任命された。隣接する4139坪の敷地には弓道 弓道場・剣道や柔術などの道場が設けられ、こちらは初め「稽古所」、翌年「演武館」と命名された。剣術及び居合の師範に東郷実はる 東郷実昉や大山貞政 大山角四郎貞政、田中喜助、和田助員 和田源太兵衛助員、木藤太郎右衛門、鈴木藤賢 鈴木弥藤次が選ばれた。また、槍術師範には天心鏡智流の梅田盛香 梅田九左衛門がなった。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ぞう

概要 (Wikipediaから引用)

『ゾウ』より : ゾウ(象)は、哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科の総称である。 アジアゾウとアフリカゾウ、それとおそらくはマルミミゾウの、2属3種が現生し、これらは現生最大の陸生哺乳類である。他に絶滅したマンモスやナウマンゾウなどを含む。 「ゾウ」は漢字「象」の音読み。「象」の字は、古代中国にも生息していたゾウの姿にかたどった象形文字であるとされる。 これとは別に、日本にはゾウがいないにもかかわらず、日本語には「きさ」という古称があり、『日本書紀』では象牙を「きさのき」と呼んでいる。 『和名抄』には などの記述がある。 ほか、『うつほ物語』、『宇治拾遺物語』、『徒然草』、江戸時代の『椿説弓張月』などにも「象」の記述がある。 英語や仏語の elephant 、独語の Elefant はいずれもギリシア語 elephas「ゾウ」に由来し、ギリシア語は雄牛を意味するフェニキア語のエルフ・エルプス、もしくはヘブライ語のエレフ・アレフ・オリフントなどに由来する。

ゾウ

概要 (Wikipediaから引用)

ゾウ(象)は、哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科の総称である。 アジアゾウとアフリカゾウ、それとおそらくはマルミミゾウの、2属3種が現生し、これらは現生最大の陸生哺乳類である。他に絶滅したマンモスやナウマンゾウなどを含む。 「ゾウ」は漢字「象」の音読み。「象」の字は、古代中国にも生息していたゾウの姿にかたどった象形文字であるとされる。 これとは別に、日本にはゾウがいないにもかかわらず、日本語には「きさ」という古称があり、『日本書紀』では象牙を「きさのき」と呼んでいる。 『和名抄』には などの記述がある。 ほか、『うつほ物語』、『宇治拾遺物語』、『徒然草』、江戸時代の『椿説弓張月』などにも「象」の記述がある。 英語や仏語の elephant 、独語の Elefant はいずれもギリシア語 elephas「ゾウ」に由来し、ギリシア語は雄牛を意味するフェニキア語のエルフ・エルプス、もしくはヘブライ語のエレフ・アレフ・オリフントなどに由来する。

概要 (Wikipediaから引用)

『ゾウ』より : ゾウ目Proboscidea 生物の分類 分類 界: 動物 動物界 :en:Animalia Animalia 門: 脊索動物 脊索動物門 :en:Chordata Chordata 亜門: 脊椎動物 脊椎動物亜門 :en:Vertebrata Vertebrata 綱: 哺乳綱 :en:Mammalia Mammalia 目: ゾウ目 :en:Proboscidea Proboscidea ゾウ科 :en:Elephantidae Elephantidae アフリカゾウ属 ”Loxodonta” アジアゾウ属 ”Elephas”ゾウ(象)とは哺乳綱ゾウ目(長鼻類・長鼻目)に属する動物の総称である。陸棲哺乳類では最大の大きさを誇る。長い鼻、大きな耳が特徴。首が短いため、立ったままでは口を地面につけることが出来ず、筋肉質の長い鼻を使って、食べ物や水などを口に運ぶ。水を体にかけ、水浴をすることもある。この鼻は上唇と鼻に相当する部分が発達したものであり、先端にある指のような突起でラッカセイ ピーナッツのような小さな物から、豆腐といった掴みにくい物までを器用に掴むことができる。

概要 (Wikipediaから引用)

蔵(くら) 有形物を保管しておくための建物。倉とも表記。→倉庫を参照。 上記の建物のうち、特に日本建築における倉庫の通称。 →土蔵を参照。 日本酒を醸造するための建物。→酒蔵を参照。 宮尾登美子の小説、およびそれを原作とするテレビドラマ、映画。→藏を参照。