「ぞうか」とは?

言葉 詳細
雑歌

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

増価

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

造化

概要 (Wikipediaから引用)

『別天津神』より : 別天津神(ことあまつかみ)は、『古事記』において、天地開闢の時にあらわれた五柱の神々を云う。 『古事記』上巻の冒頭では、天地開闢の際、高天原に以下の三柱の神(造化の三神という)が、いずれも「独神(ひとりがみ)」(男女の性別が無い神)として成って、そのまま身を隠したという。 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) - 至高の神 高御産巣日神(たかみむすひのかみ) - 生産・生成の「創造」の神。神産巣日神と対になって男女の「むすび」を象徴する神 神産巣日神(かみむすひのかみ) - 生産・生成の「創造」の神。高御産巣日神と対になって男女の「むすび」を象徴する神その次に、国土が形成されて海に浮かぶくらげのようになった時に以下の二柱の神が現われた。この二柱の神もまた独神として身を隠した。 宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)- 活力の神 天之常立神(あめのとこたちのかみ)- 天の神これら五柱の神を、天津神の中でも特別な存在として「別天津神」と呼ぶ。

造花

概要 (Wikipediaから引用)

造花(ぞうか)は、本物の花に似せて作られた花のことである。室内の装飾のほか、装身用造花、食品装飾用造花、葬祭用供花などの用途がある。 枯れてしまう本物の花と違い、造花はいつまでもその状態を保つことができる。花だけの場合もあるが、茎や葉をつけたもの、中には植木鉢に植わった姿そのままを再現したものもある。方向性としては、花に見えればなんでも良い、時には明らかに空想的な花というのもあり、逆に特定の植物の種を模したもの、できるだけ本物に近づけようとする方向もある。 また、造花は観賞する楽しみだけではなく、新しく作る楽しみも味わうことができる。 もっとも古い造花の例として、中国の三星堆遺跡から出土した紀元前2100年 - 紀元前9世紀ごろの「神樹」の名で呼ばれる青銅製の扶桑の木がある。日本での最古の記録は、天平勝宝4年(752年)の東大寺大仏開眼供養会に供えられた「蓮池(蓮花残欠)」(正倉院宝物)という金属と木で作られた蓮の花がある。

増加

概要 (Wikipediaから引用)

単調写像(たんちょうしゃぞう、英: monotone function)とは、単調性、すなわち順序集合の間の写像が順序を保つような性質を持つ写像のことである。具体的な例としては以下の単調増加関数および単調減少関数がある。 単調増加(たんちょうぞうか、英: monotonically increasing)とは、狭義には実数の値を持つ関数 f が、x の増加につれて常に関数値 f(x) も増加することをいい、このような性質を持つ関数を単調増加関数(たんちょうぞうかかんすう、英: monotonically increasing function)と呼ぶ。同様に、引数 x の増加につれて関数値 f(x) が常に減少することを単調減少(たんちょうげんしょう、英: monotonically decreasing)といい、そのような性質を持つ関数を単調減少関数(たんちょうげんしょうかんすう、英: monotonically decreasing function)と呼ぶ。