「ぞうきん」とは?

言葉 詳細
雑巾

概要 (Wikipediaから引用)

雑巾(ぞうきん)とは、汚れや、こぼれ落ちた液体を拭い取るなど、拭き掃除に用いられる布片のこと。なお、「雑布」とも書く(世界大百科事典 第2版より) 鎌倉時代の絵図から日本で使われていたことがわかる掃除具は、今日のモップに似て、柄が長い木の棒の先にT字になるよう横木を付け、その横木に布きれを巻き付けた物である。当時の名称は不明だが今日棒雑巾と呼ばれている。手に持って拭くための布は室町時代に浄巾(じょうきん)と呼ばれており、これが雑巾の語源と考えられる。普及は江戸時代になってからで、使い古しの木綿の布を数枚重ね、木綿の糸で縦横に縫い合わせて補強する(刺し子にする)形は、この時代にできあがった。 製品 一般家庭などでは使い古しのタオルなどの布地が再利用される場合も多いが、量産の市販品には特殊繊維を用いた比較的薄手のもの、厚手のタオル地でタオル雑巾として市販されているものなどがある。