「ぞうけつ」とは?

言葉 詳細
増結

概要 (Wikipediaから引用)

『増解結』より : 増解結(ぞうかいけつ)とは、鉄道車両の編成を運行中に増結、および解結(切り離し)することである。 増解結以下の状況において行われる。 2系統以上の編成が一つの編成として運行されるとき(多層建て列車)。この場合は「併結・分割」、「分割・併合」ということがある。 ホーム有効長の都合上や、乗客が極度に増減するとき。増解結は主に車庫が所在する駅や、列車の運用の拠点駅、旅客需要が変動する境となる駅、もしくは複数の路線が合流・分岐する駅で行われる(正確には、上記の条件のうち増解結に要する地上作業を行う作業員が存在する駅、となる)。 増結 増結は、2編成以上の車両を連結し1編成にすることを指す。多客時などにおいて、通常の編成に追加される車両や、増結用途の車両・編成自体を、増結や増結車と呼ぶことがあり、このとき、号車番号は元の編成の最も大きい号車の続きとなる。列車の中間や1号車の前に連結されるときは、「増1号車」や「増21号車」などされる。小田急3000形「SSE」では、多客時の増結において同一編成を2本連結し、A編成・B編成と称して号車番号を重複させた。

造血

概要 (Wikipediaから引用)

造血幹細胞移植(ぞうけつかんさいぼういしょく、英語 英Hematopoietic stem cell transplantation)とは、正常な血液を作ることが困難となる疾患(白血病、再生不良性貧血など)の患者に対して、提供者(ドナー)の造血幹細胞を移植して正常な血液を作ることができるようにする治療である。白血球の血液型といわれるHLA型が一定以上一致しないと移植が不可能なため、移植可能な造血幹細胞を見つけるために、さまざまな試みがなされている。ABO式血液型 ABO式の血液型は一致しなくても移植は可能であるので、他人の細胞を移植した場合、ABO式の血液型が変わることがある。:正常な自己の骨髄またはHLA型が適合する他人の骨髄を移植する。骨髄穿刺によって摘出する。:主に自己の末梢血幹細胞を移植する。末梢血幹細胞は化学療法による骨髄抑制からの回復期やG-CSF投与後に著しく増加するので、化学療法後やG-CSF後に検体を採取し、細胞分離装置を用いて、末梢血幹細胞を抽出する。