「ぞうすい」とは?

言葉 詳細
雑炊

概要 (Wikipediaから引用)

雑炊(ぞうすい)は日本料理で、醤油や味噌などの調味料で味を付け、他の食品(肉類、魚介類、キノコ類や野菜)などとともに飯を煮たり、粥のように米から柔らかく炊き上げた料理。おじややこながきとも呼ばれ、冬の季語。 米飯の保温や再加熱が容易でなかった時代には、冷や飯の再利用方法のひとつとして味噌汁等を混ぜたりして家庭でも頻繁に作られていた。現在では鍋料理の残り汁を利用した締めや、体調不良時の栄養補給として粥と同じように用いられることが多い。 種類 まる雑炊-主にすっぽん鍋の後に残る出汁に飯を入れ、炊いたもの。 ふぐ雑炊-主にふぐ鍋の後に残る出汁に飯を入れ、炊いたもの。 とり雑炊-主に水炊き鍋の後に残る出汁に飯を入れ、炊いたもの。 かに雑炊-主にかに鍋の後に残る出汁に飯を入れ、炊いたもの。 すきやき雑炊-主にすきやき鍋の後に残る出汁に飯を入れ、炊いたもの。 しゃぶしゃぶ雑炊-主にしゃぶしゃぶ鍋の後に残る出汁に飯を入れ、炊いたもの。家庭料理として作る場合には、汁物の残りや煮物の汁など、様々なものを利用することがある。

造水

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

増水

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。