「た」とは?

言葉 詳細
たい

概要 (Wikipediaから引用)

『タイ (魚類)』より : 鯛(タイ、英: sea bream)とは、広義にはスズキ目タイ科の総称、狭義にはタイ科のマダイを指す。 一般的に高級魚として認知されている。 タイ科にはマダイの他に、クロダイ、キダイ、チダイ、ヒレコダイ、タイワンダイ、アカレンコなどが含まれる。さらに広義には、タイ科以外の魚でも、扁平・大型・赤っぽい体色・白身などの特徴を持つ魚には「-ダイ」と和名がついていることが多く、この場合、タイ科とは分類上遠い魚もいる。アマダイ、キントキダイ、イシダイなどはタイ科と同じスズキ亜目だが、エボシダイなどはスズキ目の別亜目、キンメダイ、アコウダイ、マトウダイなどは目のレベルでちがう魚である。このように和名にタイと名のついた魚は200種以上もいる。 極端な場合には淡水魚のティラピアを、その学名ティラピア・ニロチカから「チカ鯛」などと命名したり、「イズミダイ」と称して販売されていたこともあった。こうしたものは「あやかりタイ」などと揶揄される。 料理 刺身、昆布締め、塩焼き、煮付け、蒸し焼き、干物、混ぜご飯など様々に調理される。

概要 (Wikipediaから引用)

た、タとは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第4行第1段(た行あ段)に位置する。清音の他、濁音(だ、ダ)を持つ。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「あ」からなる音。子音は、次の通り。 清音 「た」: 上歯茎に舌を付けてから離す時に生ずる破裂音。無声。 濁音 「だ」: 上歯茎に舌を付けてから離す時に生ずる破裂音。有声。 五十音順: 第16位。 いろは順: 第16位。「よ」の次。「れ」の前。 平仮名「た」の字形: 「太」の草体 片仮名「タ」の字形: 「多」の部分 ローマ字 た: ta だ: da 点字: 「た」の点字 通話表: 「煙草のタ」 モールス信号: -・ 手旗信号:11→550px50px 変体仮名: ファイル:変体仮名た0001.png 、 20px(いずれも多の崩し字) 発音:Japanese ta.ogg た た に関わる諸事項 漢字の部首「夕」(ゆうべ)は片仮名の「タ」と同形になっている。

概要 (Wikipediaから引用)

田(た)は、穀物を栽培するために区画された農地をいう。田圃(たんぼ)、水田(すいでん)ともいう。 中国では、紀元前4000-3000年新石器時代の馬家浜文化地域で水田が発掘された。軍事のための貯蔵されたり、死者埋葬時に共に埋められたりした、新石器時代から漢王朝時代の皮付きの米が発掘されている。 中国以外における水田での耕作は、日本では弥生時代に、フィリピンでは先史時代に、ベトナムでは新石器時代に、朝鮮半島では無紋土器時代中期に始まったとされている。 定義 説文解字に「穀を樹うるを田という」とあり、漢字圏では田を「穀物を栽培するために区画された農地」の語義で使用することが一般的である。現代中国語においても「田」は区画された農地一般を指し「水田」に限らず、日本語における「畑」も含まれる。「畑」は日本の国字であり、同様の農地を普通話では「田地(tiándì)」と言う。 日本で単に「田」「水田」というと特に湛水しイネを栽培するため水平に整備された稲田(水田)を指すことが多いが、水田形式の圃場で栽培される作物は稲だけではなかった。

概要 (Wikipediaから引用)

他戸親王(おさべしんのう、天平宝字5年(761年)? - 宝亀6年4月27日(775年6月3日)は、奈良時代末期の皇族・皇太子。父は光仁天皇(当時は白壁王)、母は井上内親王。聖武天皇の外孫にあたる。 『水鏡』の年齢記事によれば「宝亀三(772年)十二(歳)になる」とあり、逆算すれば生年は天平宝字5年となる。この場合母親の井上内親王が45歳の時の子となってしまい年齢が不自然であるとして、水鏡の記事は「二十二(歳)」の間違いとして天平勝宝3年(751年)とする説がある。だが、称徳天皇亡き後に最も皇位に近い立場にいた筈の他戸親王の『続日本紀』における初出が、父・光仁天皇の即位後であること(つまり称徳朝における記録が存在しない)や姉の酒人内親王も井上内親王が37歳の時の子であることを考えた場合、当時でも稀な高齢出産があった可能性も排除出来ない。

概要 (Wikipediaから引用)

『東急バス』より : 東急バス株式会社(とうきゅうバス)は、東京都城南地域・川崎市・横浜市北部を中心にバスを運行する東急グループの会社である。 東急バスは、東京急行電鉄のバス部門を分社化することにより1991年5月に設立され、同年10月より営業を開始した。本社は目黒区東山三丁目にある。不動産などの部門で付帯事業を営む。分社化以前でも、東京急行電鉄のバス部門を指して「東急バス」の呼称が使用されていた。 路線バス事業としては、一般路線バスのほか、深夜急行バス、空港直通バスなどを運行している。都市間高速路線(長距離夜行高速バス)に参入していた時期もあったが、収支状況の悪化により1998年までに全線から撤退した。貸切バス事業は1994年より順次縮小を進め、小規模なものとなっている。 関東の大手私鉄系バス会社で全ての路線が前乗り運賃先払いで、整理券方式の路線が無いのは同社のみである。関東の民営バスでは関東バスや川崎鶴見臨港バス(京急グループ)も該当する。一般路線の運賃も、ごく一部を除いて東京都内・横浜市内運賃220円、川崎市内運賃210円、都内・川崎市内渡り運賃260円に設定されている(大人現金運賃)。

足る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

たる

概要 (Wikipediaから引用)

『まじかる☆タルるートくん』より : 『まじかる☆タルるートくん』は、江川達也による日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。集英社『週刊少年ジャンプ』に読み切り作品として発表された後、1988年49号から1992年40号まで連載。単行本は全21巻、ワイド版全16巻、集英社文庫全14巻。また、1991年にVジャンプで『まじかる☆たるるくん』のタイトルで読み切りの4コマ漫画作品も書かれている。 あらすじ 魔法使いのタルるートと江戸城本丸のダブル主人公が繰り広げるギャグ漫画である。主人公の江戸城本丸は勉強・運動ともに得意ではなくいじめられっ子であり、そのうえスケベを絵に描いたようなダメ小学生。ある時、絵本作家の父の部屋にある大魔法百科の魔法陣より偶然魔法使いのもう一人の主人公であるタルるートを召喚した。本丸はタルるートの魔法を悪用してイタズラを繰り返したり騒動を巻き起こす。不敵なライバルキャラである原子力(はらこ つとむ)と幾度となく対決する。原子と本丸の「○○で勝負だ!」はこの作品の名物の一つであり、原子との勝負に勝つためにタルるートの魔法で特訓をし、本丸は次第に成長していく。