「たいあっぷ」とは?

言葉 詳細
タイアップ

概要 (Wikipediaから引用)

タイアップ (tie up) とは『結びつく』という意味で、一般的には、『協力・提携』という相互が利益を共有できる関係を築きたい場合に使われる。また、音楽業界・書籍業界とテレビ業界など映像業界の結びつきによって、相乗効果を得ようとする商法のことも指す。 映画業界におけるタイアップ 映画業界においては、主に映画に企業のサービスや製品を登場させる際に行われる手法である。企業は映画に登場することでブランド・イメージのアップや売り上げが増えることが見込まれ、その宣伝効果の対価として製作費の一部を負担する(権利や負担が分散する委員会方式とは違う)。制作者側は商品が見えるように撮影しなければならない。もし見えないように撮影、もしくはそのシーンをカットした場合には企業から受け取った宣伝費は全額返金しなくてはならない。日本ではまだメジャーな広告ではないが、ここ数年は急激に広がっている手法で専門のエージェンシーや専門サイトなどもある。映像で取り上げる代わりに商品イメージの使用を許可するという手法はタイアップとは呼ばれない。