「たいい」とは?

言葉 詳細
大尉

概要 (Wikipediaから引用)

大尉(たいじょう)は、古代日本の律令制の職名の一。左右衛門府および左右兵衛府に置かれた。長官・次官・判官・主典の四等官中の判官に相当する。 大尉(たいい、だいい)は軍隊の階級の一。 尉官の最上級であり、中尉の上、少佐の下に位置する。 陸軍では主に中隊長等を務める。 海軍では主に分隊長に充てられ、軍艦等の当直士官を務める。 空軍では主に航空機の操縦士等を務める。多くの国の海軍では、海軍大尉は2条の線で階級が表される。 日本 旧日本軍 明治3年9月18日太政官布達第604号で兵部省に設けられた陸海軍大将から陸海軍權曹長までの11等級の7番目として陸軍大尉と海軍大尉が設けられたのが最初である。これらは四等官に倣って官位と分掌事務がセットとなった職員の等級であったが、明治6年5月8日太政官布達第154号による官等表改正で軍人の階級呼称として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級呼称の序列に当てはめられることとなった。

体位

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

大意

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

退位

概要 (Wikipediaから引用)

退位(たいい、英語: abdication)は、君主がその地位を手放すことである。対義語は即位。権力を手放すかどうかはケースバイケースである。 形態 通常、革命や憲法や法律などによって君主制が廃止されない限りは、自動的に継承者に譲り渡すことになる。君主の地位の継承は2種類あり、君主の死によって継承される場合は「退位」と言わず、君主が生きているうちに地位権力を手放すことを「退位」という。また、君主自身の意思ではなく、革命や憲法などで他人が君主から地位権力を剥奪することは廃位(英:dethronement)という(ただし、この場合でも剥奪した側は退位を装うことがある)。 日本 天皇 日本では皇極天皇が弟の孝徳天皇に皇位を譲った例を最古とする(なお、後小松天皇は南北朝合一によって2度譲位を受けている)。退位した天皇には太上天皇(上皇)の尊号が奉られることが通例。 平安時代以後の慣例として、退位する天皇が譲位の宣命を宣布する儀式とその後に行われる継承者への剣璽を引き渡す儀式(剣璽渡御の儀)の2つを中心として儀式体系が組まれてきた。