「たいおう」とは?

言葉 詳細
大王

概要 (Wikipediaから引用)

大王 地位 大王(おおきみ)は、日本における天皇、皇子、皇女に対する尊称。治天下大王(あめのしたしろしめすおおきみ)。漢字表記は、他にも「王」「皇」「大王」「大皇」が見られ、いずれも「おおきみ」と読む。 大王とは古代インドの君主号である『マハーラージャ』の漢訳語。古代インドの君主号・爵位に『ラージャ』があり、しばしば王と訳される。マハーラージャはそれよりさらに上位の君主号である事から、大王が訳語として用いられた。タイ王国ではこの語が訛って『マハーラート』として伝わり、こちらも大王と訳される事がある。称号等 大王(だいおう、英: the Great)とは、偉大なる王に与えられる綽名。アレクサンダー大王(アレクサンドロス3世)、アルフレッド大王、世宗大王(李祹)、フリードリヒ大王(フリードリヒ2世)、カメハメハ大王(カメハメハ1世)など。同様に偉大なる皇帝に与えられる綽名は「大帝」となるが、原語は大王も大帝も、例えば英語であれば「the Great」である。和訳する際に国王なら大王、皇帝なら大帝と、意訳して使い分けられている。

滞欧

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

対応

概要 (Wikipediaから引用)

『対応 (数学)』より : 対応は、 (一般): 一方にあるものが他方にもあること (一般): 相手に応じて反応すること (数学): 二項関係、集合値函数の同義語、多価函数の定式化の一つ -> 対応 (数学) 外部リンク コトバンク「対応」。